くらし

海外旅行にはデビットカードを!

投稿日:2018年3月17日 更新日:

 

はじめに

買い物をすると銀行の預金口座から即座に引き落とされるデビットカード。”現金派”が多い日本ではサービス開始以降も長らく利用が敬遠されていたが、近年はその魅力への理解が広がりつつあり、愛用者が徐々に増えてきているようだ。

 

そもそもデビットカードとは?

デビットカードが日本で初めて利用できるようになったのは、2000年のことだった。

最初にサービスを開始した日本独自の「Jデビット」は、新たな専用のカードが原則、そのまま利用できるというもので、利用できるのは国内約45万ヵ所の加盟店に限られている。

2006年からは国際ブランドであるVISAが参入したが、その「VISAデビット」は国内外約3800万ヵ所の加盟店で使用できる。

現在9つの銀行がVISAデビットを発行しており、今後も発行金融機関は広がる可能性がある。

 

電子マネーの普及が追い風に

デビットカードの利用者がすぐに拡大することはなかったが、電子マネーの普及により多くの消費者がカード決済に親しんだことや、消費税率の引き上げで小銭の支払いが煩わしくなったことを背景に、ここ数年は着実に普及が進んでいる。

 

「後払い」の不安なし

デビットカードの最大の特徴は「即時決済」。買い物も利用するたびに、カードと紐づいた預金口座から代金が引き落とされる。

そのため、「後払い」を気にする必要がなく、現金感覚で利用することができる。

口座残高を上回る買い物ができないことに加え、VISAデビットがあればあらかじめ利用限度額を設定しておくこともできるので、使いすぎてしまう心配が少ない。

また、VISAデビットの場合、利用履歴や残高はスマートフォンなどで簡単にチェックすることができるため、現金に比べて格段に家計管理がしやすくなる。

利用するとただちに登録してあるメールアドレス宛に利用通知メールが届き、万が一、不正利用された場合もすぐに気づくことができて安心だ。

 

このプリペイドカードもおすすめ!!

⇩ ⇩ ⇩
外貨両替不要!

お財布のような海外専用プリペイド トラベルマネーカード、 さらにTポイントがたまる!

海外旅行に必須=キャッシュパスポート

 

海外旅行で大活躍

24時間365日、いつでも使えるVISAデビットカードは、VISAマークのある国内外のスーパーマーケットやドラッグストア、ファミリーレストランなど通常の店舗はもちろん、VISAカードが使えるネットショップでの支払いにも利用することができる。

VISAマークやPLUSマークのある海外のATMでは、国内の預金口座から必要な金額を現地通貨で引き出すことも可能だ。

多くの会社では給料が支給される毎月25日、各地のATMコーナーで長蛇の列が見られるが、VISAデビットカードを持っていれば現金の持ち合わせが少なくても買い物ができる。

また、利用金額に応じてポイントやマイルが付与されるなど、発行銀行ごとの特典もあり、現金での支払いに比べて、かなりメリットが大きい。

 

●本日のオススメ

ICOの窓口では、仮想通貨の専門家や投資のエキスパートが
独自の人脈から得た最先端の情報を鮮度の高い状態で
発信します。

⇩ ⇩ ⇩

ICOの窓口

 

●本日のオススメ

人間関係と人生についてスピリチュアルな面からのアプローチによって悩みの解決を図るめずらしい本です。

⇩ ⇩ ⇩

良い人生を送るために読むといい本ー後編ー


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-くらし
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ローン借り換えのチャンス!!

コンテンツ1 はじめに2 住宅ローン金利の種類3 借り換えの目安4 金融機関を利用する為の手数料5 ローンを組む際にかかる諸費用6 まとめ はじめに 住宅ローンの金利が過去最低を更新していて、お金の借 …

日本人は歩き方を知らない

  ぼくは、海外にいるときはほぼサンダルでの生活でした。 時にはドミトリーで暮らすバックパッカーの同志にサンダルを奪われそうになった時もあるくらいサンダルは履き心地が良い。   【 …

美容効果を高める食事ルール

  私たちの食べているモノで私たちの体はつくられます。   僕も学生のころは、そんなことを気にせずに好きなものを食べていました。   ですが、20代後半を超えると、肌や筋 …

マレーシアでの資産運用

  はじめに  団塊世代が殺到しているというマレーシアでの資産運用について調べてみました。マレーシアでの運用はベストではないが、超低金利の日本に置いておくよりはベストな策であるだろう。 &n …

さぁ、仕事を辞めたから不用品でも手放そうか。

    はじめに 3月は別れの季節と同時に引越しの季節でもあります。 新社会人の皆様、新しく大学生、専門学生になる皆様。 不要になった家電や家具、衣類などを処分するいい機会です。 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村