くらし 書きモノ【benefit】

日本人は歩き方を知らない

投稿日:2017年8月12日 更新日:

 

ぼくは、海外にいるときはほぼサンダルでの生活でした。

時にはドミトリーで暮らすバックパッカーの同志にサンダルを奪われそうになった時もあるくらいサンダルは履き心地が良い。

 

いまの人はたいてい靴をはいているが、昔から日本人は靴をはいていたのではないことははっきりしている。

 

戦争が終わった時、靴をはいていたのは学生、兵隊、役人、サラリーマンなどのほんの少数だった。

 

大多数がカラコロと音が鳴る下駄をはいていた。

雨が降る女の人は高下駄をはいた。

 

靴は日本になじまない

いつからだろう。

 

外国のまねが高級だという錯覚が、下駄は古臭いと思われた。

 

わけもなく、靴に足を突っ込んで喜んだのは幼稚であった。

靴は空気の乾いたところでの履物。

 

日本のような高温多湿の風土にはなじまない。

そんなことを注意する人もいなかったら、おびただしい人が水虫にやられた。

 

下駄 VS 靴

下駄なら水虫の心配もないし、足の指をいくらかはたらかせて、健康的である。

ダテにはいていたのではない、合理的だったのである。

 

ただ、歩くには靴が勝っている。

見ていても美しい。

靴を履く人たちは歩くことを大事にする。

 

散歩やウォーキング、ランニングっていう楽しみを見出したのも、靴のおかげ。

ワラジだけでは、歩くおもしろさには達しなかっただろう。

 

歩き方を教えてください

 

 

明治になり、日本へやってきたイギリス人が、歩いて見せたが日本人が「散歩」って言葉を理解するのに100年近く掛かった。

 

慣れない靴を履くのだから、こどものときに歩き方を教える必要があったのに、だれもそれに気付かなかった。

 

文明開化のダンスは習ったが、最も重要な正常歩ということすら知らなかった。

 

靴をつくるところが、外国のものの見よう見まねでつくるから、足によくない。

 

女性のハイヒールをこしらえたのはいいが、カカトに力がかかる歩き方をしている日本には適合しない。

 

日本女性で腰痛が多い原因は、靴にもあるんですよね。

 

歩き方って、その人間を表しますからね。

 

かといって、ピンと背筋を伸ばして歩くほど、紳士でいるのも疲れるな。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-くらし, 書きモノ【benefit】
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父さん、還暦おめでとう!!

  コンテンツ1 1月22日を終えて・・・2 父が還暦を迎えました!3 父親について4 ここでしか言えない父へのメッセージ 1月22日を終えて・・・ 去る、1月22日。 それはぼくの誕生日で …

マイナンバー制度について調べてみた。

  コンテンツ1 はじめに2 法人に対しても交付されています3 マイナンバー制度の主旨4 マイナンバー普及による影響5 まとめ はじめに ご存じのように昨年からマイナンバーの交付が始まりまし …

10年後に消える職業と心の貧困

    「10年後にこの仕事無くなるよ~」   と、言われながらもう3年後にその第一波となる2020年を迎えます。 第二波は2030年みたいです。   2020 …

【必見】 スマホの電池をさらに節約する方法

僕が海外で身に付けた技術を公開します。   スマートフォンの電池残量が切れそうだ。 充電スポットも無い。。。。   そんなバッドタイミングの時って、誰にでも経験がありますよね。 & …

手作りこんにゃくを母へ!

Homemade konnyaku, to my mother! はじめに 最近、世界一周の準備に頭を傾け過ぎていて家族のことを振り返っていない自分。そんな自分の気持ちをふと改めさせてくれる機会が訪れ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村