くらし

車の税金について調べてみた

投稿日:

はじめに

自動車にかかる税金は種類が多く、仕組みも複雑だ。燃費が良い車の税金が軽減される「エコカー減税」の制度も大きく変わる。自動車関連税制の内容を改めて整理してみた。

 

車の税金は9種類もある!

日本自動車工業会によると、現在、自動車に関わる税は計9種類にも及ぶ。

1954年に道路特定財源制度が設けられて以来、道路整備のお金を集めるために、何度となく増税や新税の創設が繰り返されてきたからだ。

国内の車やガソリンなどにかかる税(消費税も含む)の総額は2014年度に8兆6082億円(当初予算ベース)と、国と地方の税収の1割を占めた。

同会の試算では、車両価格180万円の自家用車(ガソリン燃料の普通車)を車検を5回通して13年間使用すると、軽自動車税、軽油引取税、石油ガス税を除いた6種類の税が課せられ、負担額は計173万円に上る。

税の種類はわかりやすく分けると3つ!!!

「購入時」「保有時」「燃料」

 

購入にかかる税金

車を買う時には自動車取得税と消費税がかかる。

自動車取得税は新車・中古車にかかわらず、車の「取得価格」(新車の場合、車両価格の9割)を基準として課される地方税だ。原則、自家用の普通車で取得価格の3%、軽自動車で同2%が課税される。

仮に取得価格200万円の普通車なら、自動車取得税は6万円。なお、自動車取得税は消費税率の10%引き上げ時に廃止される方向だ。

 

保有でかかる税金

車を保有しているとかかるのが自動車重量税、自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税)だ。

自動車重量税は車の重さに応じてかかる国税で、原則、普通車で0.5トンごとに年4100円、軽自動車は定額で4年3300円かかる。新車購入時に3年分を納付するのが一般的。仮に車両重量1.5トンの普通車なら、新車購入時の自動車重量税は3万6900円となる。新車購入後は車検のたびに2年分納付する。

自動車税と軽自動車税は、毎年4月1日現在の持ち主に対して課される地方税。普通車は排気量に応じて段階的に額が決まっている。1501~2000ccの車なら年3万9500円。

これに対して、軽自動車税は一律年7200円だが、4月以降に購入した新車は1万8000円となる。

 

燃料にかかる税金

車の走行に必要な燃料にも税金がかかる。ガソリンには揮発油税と地方揮発油税、ディーゼル車の場合は軽油引取税。

揮発油税は1リットルあたり48.6円。地方揮発油税は5.2円と決まっていて、ガソリン価格に含まれる。さらに、燃料の購入価格にも消費税が課税される。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-くらし
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美容効果を高める食事ルール

  私たちの食べているモノで私たちの体はつくられます。   僕も学生のころは、そんなことを気にせずに好きなものを食べていました。   ですが、20代後半を超えると、肌や筋 …

新年金制度「iDeCo」について調べてみた。

  コンテンツ1 2017年1月1日からスタート!2 iDeCoとは・・・3 iDeCo加入対象者4 メリットとデメリット 2017年1月1日からスタート!   してるんです。この …

公的年金について調べてみた

  そもそも公的年金とは? 果たしてぼくらの世代が定年を迎えたとき、年金は支給されるのか?それとも、支給年齢の引き上げまで生き延びれずに死んでしまうのか? 公的年金とは、職業を問わず20歳以 …

スマートコンタクトレンズについて調べてみた。

果たして、ぼくらの生活はどこまで進歩していくのでしょうか?   先日、とある起業家さんたちの集会で、 「スマートコンタクトレンズ」という言葉よ耳にしたので、 ちょっとだけ調べてみました。 & …

マイナンバー制度について調べてみた。

  コンテンツ1 はじめに2 法人に対しても交付されています3 マイナンバー制度の主旨4 マイナンバー普及による影響5 まとめ はじめに ご存じのように昨年からマイナンバーの交付が始まりまし …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村