グルメ ヨーロッパ 世界一周関係

ヨーロッパのソーセージを食べ比べた結果

投稿日:

 

ソーセージの歴史

ちょっと歴史の勉強しましょう。

ソーセージの起源は紀元前15世紀の中近東にさかのぼる。

ローマ帝国を経て欧州で発展し、背景には農業生産性に乏しい欧州の土地柄がある。

秋になると、多産で成長の早い豚をソーセージやハムなどに加工・保存し、冬場の貴重なたんぱく源にした。

肉を刻んで腸に詰めることで、命の恵みを余すことなく食べられる貴重な方法。

今では、国境も世代も越えて愛されている。

 

ドイツ

ソーセージといえば、真っ先に思いつくのが「ドイツ」ですね。

ドイツでは、豚の血を使う黒いソーセージ「ブルートブルスト」が馴染みの味です。

 

焼いて食べても、乾燥して硬いものはスライスして食べてもおいしい。

朝食の際は、中がペースト状の「メットヴルスト」をパンに塗って食べるのが手軽で美味しかったですね。

 

イタリア

イタリアのボローニャ地方もソーセージが有名で「ボローニャ」と呼ばれる名前の品種があります。

 

グリルで焼いたり、中身をほぐしてパスタソースに仕立てたりして食べていました。ボローニャ地方は北部ですが、南部へ行くほど辛みが増すそうです。

時期にもよるのでしょうが、寒い時期は厚切りにしておでんのように煮ていました。

 

フランス

フランスはあまりソーセージと言うイメージはないんですが、どこの国も当たり前のようにあるんですね。

生ソーセージの「ソーシス・ド・トゥールーズ」を焼いたり、ゆでたりして食べるのが定番のようです。

私も食べてみましたが、肉が詰まっていて歯ごたえがあって美味しいですね。

ちなみに、クリスマスでは白いソーセージ「ブーダン・ブラン」を食べるそうです。

焼いてみても、やっぱり白さが際立ちますね。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-グルメ, ヨーロッパ, 世界一周関係
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

足や手を失ったサッカーチーム

  お知らせ NHKのBSドキュメンタリーで今夜11時から放映されます。 ぼくが映っているわけではありませんが、海外のとある要人から宣伝の依頼を受けましたので(^-^)   ※用心 …

洗濯機は便利

  前回までの様子 ↓ ↓ ↓ タイランドのマックス登場!   マックスと昼飯を食べ終わってから一度宿に戻って、部屋を変更。   昨日のドミトリーは扇風機しか使えず暑かっ …

ヤンゴンリバーを渡り、スネークテンプルへ

    お久しびりです。 やくやく一週間ぶりの記事となってしまいました。 一週間空いた期間があると、常に閲覧していくれていた読者に不安と呆れの感情を同時に与えてしまうため、メリット …

ミャンマーのビザは簡単に取得できる

コンテンツ1 はじめに2 e-visa 申請に必要な物3 オンライン申請方法4 詳細な情報を入力5 写真をアップロード6 Visa料金の支払い7 アライバルビザで申請できるのか はじめに ミャンマーへ …

ブッダガヤでの食生活

  いったいいつまで僕はこのブッダガヤに滞在するのだろうか。 世界一甘いお菓子を食べていても、答えは出てこない。 そんなことを考えている余裕もないくらい、この町にいる時間は毎日があっと言うう …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村