ヨーロッパ 世界一周関係

カタルーニャ独立問題 まとめ

投稿日:2017年10月30日 更新日:

スペイン北東部カタルーニャ自治州議会が、27日「独立宣言」を可決。

これに対してスペイン政府は州の自治権を事実上停止する措置を決定しました。

 

これにより、国、州ともに強硬な対応に踏み込んだことになります。

このカタルーニャ独立問題が多少影響していると考えられますが、

ユーロ/円の相場も下がってきています。

 

しばらくは下落傾向にあるのではないかと思うので、

ユーロ/円を保持されていた方は、売却することを推奨します。

さらに、独立問題も年内は終息の目処が立ちませんので、

スペインへの渡航は極力控えるようにした方が良いと思います。

 

そもそもカタルーニャ州とは!?

サッカー好きなら知らない人はいないバルセロナの本拠地です!

独立したら、バルセロナFCって名前も無くなっちゃうんでしょうかね?

古くから言語や文化の独立性を誇り、

独立派が運動を続けてきました。

 

現在では、教育・治安・保険・産業など幅広い分野で自治が認められています。

州政府の首相もいるし、州警察もあります。

 

では、なぜ独立宣言??

10月1日に独立の是非を問う住民投票が行われ、

賛成票が9割を超えたからです。

投票率は過半数に届かず、43%でしたが、

州議会で過半数を占める独立派は投票率を問わず、

賛成多数となれば独立に踏み切ると、頑なに主張。

もうね、独立したくてしょうがなかったわけですよ。

 

中央政府はどうしていたのか?

もちろん黙って見ているわけにはいきません。

住民投票自体が、国家は憲法に反するとして、

憲法裁判所の判断も踏まえ、

警察を動員して投票措置を図りました。

投票強硬後、

州政府は対話を求めましたが法治の回復が先だとして、拒否しました。

 

混乱はいつまで続くのか?

独立派は不服従運動を呼び掛けており、

激しいデモが続くと見込まれていますが、

中央政府の指示に従わない関係者の逮捕などもあり得ます。

権力の強さ関係では、国の方が上ですからね。

12月に州議会選挙が実施されますが、

再び独立派が多数となる可能性もあり、

早期の混乱収束の見通しは立っていません。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ヨーロッパ, 世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大菩提寺でテロ!?

    衝撃的なタイトルでごめんなさい ブッダガヤの朝。 曜日関係なしにみんな朝から早い。5時くらいから空が明るいからね。   よし、今日は歩いて大菩提寺(マハーボーディ …

トゥクトゥクがいよいよEV化へ

  タイの名物として知られる三輪タクシー「トゥクトゥク」に、 電気自動車(EV)化の波が押し寄せています。   排ガスや騒音が社会問題になっていましたからねー。 タイ政府が大気汚染 …

サウナで外国人とハダカの付き合い

  ナマステ! 僕は現在、インドのバラナシにあるガンジス川からちょっと離れた宿で蚊と連日格闘しながらブログを書いています。   というか、この宿は蚊が多すぎる。 迂闊に熟睡もできな …

この国では、紙幣がすべて同じ人の顔

  旅の話しも徐々に再開したいと思い、ブログでの更新速度も徐々に加速させている。 僕がここまで、引き延ばしてテーマを変えてブログを書いているのは、実は意味があるんです。   そのジ …

世界一周15日目でカメラがぶっ壊れた話

  自撮りしたかったんです・・・・   ホイアンの喧騒から少し外れた、あまり観光客が少ないというか、ほぼいないというか。 そんな感じの、ちょっと立派な寺院がある。   そ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村