世界一周関係 日本

群馬県の榛名神社へ行ってきた!!

投稿日:

 

どうも。

榛名神社でパワーを大量に吸収してきた、つもりのけーたです。

 

これからどんな人生の荒波が来ようと、すべて避ける力を身に付けました。

 

さて、前回の続きでサクサクと榛名神社を進んでいきます。

まずは、ここに来た人が必ずしも通るであろう随神門(ずいしんもん)をくぐり抜けます。実はここ、国指定の重要文化財なんです。

写真奥の建物ですね。

 

 

拝観時間は午前7時から午後5時までです。

御朱印記帳は、500円ですよ!!

さぁ、ここからが意外と長い道のりなんです、実は。

 

 

しばらく道なりに歩くと、「みそぎ屋」と呼ばれるお土産屋さんが見えてきます。

梅の店って名乗っているため、梅を扱った商品がたくさんあります。

禊をしてくれるお店ではないので、ご安心を。

 

 

 

 

水琴窟と呼ばれるパワースポットを通り過ぎます。

水琴窟(すいきんくつ)は、恋人同士が同時に二本の竹筒に耳を当てて聞くと、榛名神社のご神水の力で縁が結ばれるといわれています。

まぁ、僕は恋人はいませんがね。

 

 

そうそう、このトマトだけがものすごい謎すぎて、調べてみたのだが、

何を検索してもその答えは見つからない。熱心に探せば、誰かのお役に立てそうな気もしたが、もはや僕にそこまでの気力は残っていなかった。

 

 

さてさて、もう少しで本殿にたどり着きますよ~

まだかまだかと、ご年配の方々は息を切らしながら、まるで山登りのような形相で歩いていた。坂道が急とか、そんな過酷ではありませんが神への道のりは果てしないのです。

で、瓶子の滝(みすずのたき)!!!

 

 

その滝から少し歩くと、トンガリ岩の脇に総ケヤキ造りの門構えが!!!!

そう、これが双龍門(そうりゅうもん)なのです。

扉や天井絵龍がたくさん彫られている。もはや、隠れミッキーどころではありません。ここでは、すべてが龍に見えてきます。

 

榛名神社は奉納額がかなり多いことで有名です。

一体皆さんどれだけ奉納されているのか気になるところですが、さすがに奉納される様子を覗くわけにはいかないので、大人しく参拝・・・。

 

 

ででん!!!

こちらが本殿になります。隣に御姿岩があるのですが、神々しくて写真に収めきれませんでした。

パワースポットと銘打っているので、大勢の観光客で賑わっていました。

 

 

ここで、御朱印もいただけます。

僕は収集していないので、

御朱印ボーイから写真だけちゃっかり撮らせていただいた。

 

 

こちらが世にも珍しい、「御神水開運おみくじ」

水に浸けると文字が浮かび上がるおみくじで、浸し場所は参道途中にあります。

結果は水に浸けてみないとわかりません。

 

 

結果を確認したら、こちらの燈籠に入れます。自分の干支の穴に入れて、燈籠を一回転しましょう。回すのは意外と重いです。

 

 

写真では掲載しませんでしたが、

道中に七福神の像が各1体ずつ並んでおります。

お腹をさすったり、頭をなでたりと、自由に楽しめますがふざけすぎてバチが当たらない程度に楽しみましょう。

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-世界一周関係, 日本
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワットプラケオとカオサンロード

    まずは、カオサンロードを目指す!   名残り惜しいタイラーメンの香りを後にし、いよいよバックパッカーの聖地であるカオサンロードを目指す。   はじめに言 …

黄金の国と言えば・・・・

  黄金の国って言われると、 頭の中の細胞が連結して金閣寺を連想させる。 確かにJAPAN(日本)の金閣寺も輝きを放っていて素晴らしいが、   僕はミャンマーの方が黄金の国にふさわ …

鶴の恩返し

  コンテンツ1 Sibylle House滞在2日目2 お馴染みバイクへの勧誘3 翌朝、出発の時が来た。4 Sibylle Houseの予約はアゴダが最安値!! Sibylle House …

カンボジアの朝食

  デカイです。 デカすぎます。。。   2月のカンボジアは朝晩も涼しくトゥクトゥクで走ると少し寒いくらいです。     3月に入ると30度になります。 乾燥と …

ヤンゴンリバーを渡り、スネークテンプルへ

    お久しびりです。 やくやく一週間ぶりの記事となってしまいました。 一週間空いた期間があると、常に閲覧していくれていた読者に不安と呆れの感情を同時に与えてしまうため、メリット …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村