インド 世界一周関係

鶴の恩返し

投稿日:2017年8月17日 更新日:

 

Sibylle House滞在2日目

 

あーだ、こーだとオーナーのクロームさんと言い合ってた宿代の交渉が笑い話のように脳裏に蘇る。

今までの肉体的、精神的疲れを癒す為、寝心地の良いベッドで寝ていた僕だが。

 

扉を叩くノックの音がする。

 

コンコン、コンコン。

「グッモーニン。ケータ」

 

朝飯だった。

 

小さなお盆に、昨日も食べたナンとカレーの盛り合わせ。

もちろん手で食べる。

 

窓を開けると、スーッと涼しい風が頬に突き刺さり、眠かった目が冴える。

インドは暑いっていう、個人的な思い込みがあるけれど、梅雨が明けた日本の夏のように朝晩は涼しいんだ。

 

お馴染みバイクへの勧誘

もはや、東南アジアでの勧誘で当たり前のようになってきたバイク勧誘。

 

オーナーのクロームさんが執拗に誘って来る。

 

確かにブッダガヤの名所をまだ巡っていない場所はあるが、以前ラマさんからもバイクで案内してもらったからいいよって言って、断った。

 

何度、このやり取りをしたことだろう。

 

すごく優しくて、勧誘してくる有難さもすごく伝わってくる。

 

僕がヒンドゥー語を話せなくて、クロームさんも日本語を話せないから、わざわざ日本語の通訳ができる友人と電話でやり取りしながら、勧誘してくれた。

 

結局いかなかったのだが、この一連のやり取りのおかげで僕はクロームさんの家族と仲を深めることとなる。

 

 

一緒にアイス食べたり。

子供たちと写真撮ったり。

縄跳びしたり。

 

楽しかった。現地の言葉が話せたら、どれだけ仲良くなれたことだろうか。

 

その夜、インドに来て初めての停電に遭遇した。

こどもたちは無邪気に笑っていて、停電の方がお祭りみたいで楽しそうだ(^^)

 

 

スマホは閲覧できるから、僕の旅した様子や家族の写真を見せた。

 

「今度は俺を日本に案内してくれよ。」

 

そう言ってくれたクロームさんの言葉は今でも忘れない。

 

僕はわずかな月明かりを頼りに、折り紙を折り始めた。

 

翌朝、出発の時が来た。

ブッダガヤからの次の目的地は「アーグラ」だった。

電車を利用する為、駅に向かうよとクロームさんに伝えた。

 

すると、「車で送っていく!!」って言われたけど、僕はまだインド人を心の底から信頼できてはいなかった。

なんで、断ってしまったのか。

今思えば、心が締め付けられるほど後悔している。

 

クロームさんの瞳は涙でゆがんで見えた。

「もう少しで家の前にスクールバスが通る。それに乗りなさい。」

小さな涙を零しながら、背中を押してバスに僕と荷物を詰め込んだ。

 

別れ際、窓から折り紙を渡し、クロームさんに感謝の気持ちを伝えた。

 

 

「ありがとう、今度は日本で逢おう。」


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インド, 世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

パリのにんじんサラダを思い出す。

コンテンツ1 外国で何が美味しかった?2 それは、フランス、パリでの出来事3 パリに着いて最初に食べたものは・・・4 僕は肉より野菜派 外国で何が美味しかった? よく聞かれる質問。 申し訳ないが、全部 …

台湾にプロポーズをする信号機がある!!

  これは、気軽に行けるようになった台湾ですが。 実は台湾が国では無いことを、ほとんどの日本人は理解されていないのが現状です。       では、どこの国なのか …

アンコールワットとバイヨン寺院

  コンテンツ1 そもそも、アンコールワットとは?2 で、アンコールワットはどうだったのか?3 バイヨン寺院はぼくのおすすめ4 これは準備しておいた方がいいよ そもそも、アンコールワットとは …

タイを旅立ち、上陸のラオス!

  コンテンツ1 トゥクトゥクオヤジ登場!2 噂のエアアジアでルアンパバーンへ3 とりあえず歩いて行こう4 旅のおすすめサービス トゥクトゥクオヤジ登場!   バンコクのカオサンロ …

ヤンゴンリバーを渡り、スネークテンプルへ

コンテンツ1 スーレー・パゴダが観てみたい2 ワオ 登場!!3 ヤンゴンリバー到着4 船内に待ち伏せる子坊主5 スネークテンプル スーレー・パゴダが観てみたい     ヤンゴンのと …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村