インド 世界一周関係

アットホームなSibyll House

投稿日:2017年8月15日 更新日:

 

ラマゲストハウスを後にし、僕は得意技のウォーキングで1時間程度歩いた。

道路が舗装されているわけでもないので、地図を見ながら道か田んぼかわからないくらい彷徨っていた。

 

しばらく歩くと、集落のような場所へたどり着いた。

 

一人の青年が、すぐに僕が迷子になっていることを察してくれたおかげで目指していた目的地まで指を指して案内してくれた。

 

実は危険だと言われていた場所

ラマゲストハウスオーナーのラマさんには気を付けろと言われたが、みんな優しい人ばかりじゃないか。

 

Sibyll Houseはホテルの入り口がわかりずらく、今度は近くの子供たちが僕に近寄ってきた。そして、ホテルの名前を告げると、ついて来いよって感じで道案内をしてくれた。

 

 

こうゆうスタイルが「旅」って感じでワクワクするんだよなぁ。

このホテルを経営しているオーナーと町のみんなが仲良しみたいで、すべての人がニコニコしながら、僕に手を振ってくれた。

 

安心していいのか、それとも警戒すべきか

 

ゲストハウスというよりも、どこにでもありそうな一般的な住宅だ。

お客は自分しかいないのか?

このホテルではクレジットカードでの支払いが不可で、現地支払いのお金が請求された。

1ナイトの予定が、なぜか2ナイト分。

理由を確認したら、チェックインがAM11:00からなのに対して、僕がAM10:00に来てしまったからだという。

 

そこはおかしいだろ!?

 

考え直してくれとお願いしたら、マネー管理はママがやっているといい、オーナーの奥さん登場。

事情を説明したら、お詫びにと、ちょっと遅めの朝食をママが作ってくれた。

 

 

ナンは何枚でもおかわり自由。

 

だが、どうしても2ナイト分という言い分は変えられないということで、僕は考えた挙句の果てに、

「じゃあ出て行きます、失礼しました。」

※(英語では「go out!」ね。)

と久々にいきり立ってしまった。

 

go out!!

知っておくと便利な旅英語。

ぼったくりタクシーから脱出する際にも使えます。

 

結局、1ナイト分で済んだのでした。

 

そうそう、オーナーの名前はクロームさん。

奥さんと男の子2人の計4人家族です。

 

本当にアットホームで今までのゲストハウスやホテルなどとは、ちょっと雰囲気が違う感じ。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インド, 世界一周関係
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンコールワットとバイヨン寺院

  そもそも、アンコールワットとは?     ここら辺で、簡単にアンコールワットについて解説したいと思う。 偶然、日本人ツアーコンダクターが観光客を引率していたので、ぼく …

ヤンゴンからコルカタへ

  7カ国目のインドを目指す! 果たして無事にインドへ行けるのか。それが当初からの一番の不安要素であった。なぜなら、インドはビザ必須国だからである。 ぼくのような無期限放浪の旅を続けていると …

ヨーロッパのソーセージを食べ比べた結果

  コンテンツ1 ソーセージの歴史2 ドイツ3 イタリア4 フランス ソーセージの歴史 ちょっと歴史の勉強しましょう。 ソーセージの起源は紀元前15世紀の中近東にさかのぼる。 ローマ帝国を経 …

ワンさんとプーシーの丘

    ラオスの片隅でワンさんと出逢う   そう、この日本語が少し理解できる陽気なおじさんの名前はワンさん。   軽トラの荷台を改造して、人や物を運ぶ仕事をして …

ミャンマー人から学ぶ都市鉱山ビジネス

    廃棄家電に潜む大鉱脈 資源小国といわれる日本だが、実は豊富な金属資源が存在する。国から離れてみて気付く自国の文化はたくさんあるものだ。 それらが眠る「鉱山」とは、家電や携帯 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村