ラオス 世界一周関係

タイを旅立ち、上陸のラオス!

投稿日:2018年4月22日 更新日:

 

トゥクトゥクオヤジ登場!

 

バンコクのカオサンロードに宿泊していた宿を後にし、どの交通手段でドンムアン空港へ行こうか必死に考えていた。

 

 

時刻のわからないタイの民営格安バスに乗車するか?
それとも、確実で早く着くが、ぼったくられるタクシーにするか?

 

もう調べるのが面倒になっていたのか、僕は自然に導かれるがまま、トゥクトゥクのオジさんに招かれていた。

 

招かれていたと言うか、すでに宿を出た時点から付け回していた感が半端なかった。

 

 

そして、このトゥクトゥクオヤジとの値段交渉バトルが始まる。ネットで調べた相場通り300バーツと交渉するが、400バーツでOKと言われる。

 

 

しかし、乗り込んだら「ありがとう、ありがとう」と連呼し、結局500バーツ請求された。

挙句の果てに、ハイウェイ前でタクシーに乗り換えさせられ、ハイウェイ料金70バーツを要求される。

空港着いたら、また何か請求してくるんじゃないか?と不安でいっぱいだったが、メータも固定したままで特に追加代金の請求は無く、無事に空港到着。結果、570バーツ(約1840円)。

 

 

まぁ、着いたからもうどうでもいいやって気持ちで空港で時間を潰す。

ちなみにこのドンムアン空港へ来る方法は他にもあり、ドンムアン空港発着の「リムジンバス」がある。これであれば料金一律「150バーツ」と安いです。

ですが、飛行機の時間を考慮して今回はタクシーというトゥクトゥクオヤジになってしまいましたが・・・。

 

噂のエアアジアでルアンパバーンへ

 

格安航空のエアアジア。予想通りの30分遅刻。まぁ欠航にならないだけいいか。
だんだんと妥協感が強くなります。
そして、エアアジアに乗り込み、ラオスの世界遺産都市ルアンパバーンへ。

 

飛行機の窓からは青々と茂った雄大なラオスの土地が僕を出迎えてくれた。

ルアンパバーン空港から市街までは車で行くしか交通手段がなく、みんな5万キープ(約690円)を支払い、乗り合いタクシーで街まで向かっていました。
僕は試しに歩いてみようと思い、約1時間の道のりを徒歩で行く選択肢をとりました。

 

とりあえず歩いて行こう

同様にヒッチハイカーが段ボール片手に歩いていたので、後ろをテクテクと。
重い重いバックパック、バイクと車による砂嵐が僕の征く手を阻みます。

 

10分くらい歩くと、親しみやすそうな感じのオジサンがトラックで現れ、3万キープでどうだと勧誘してきます。

 

バンコクのトゥクトゥクオヤジの二の舞いなりたくなかったので、「歩いて行くからいいよ」と告げたら、去って行きました。
その後、10万キープとかいう倍以上の値段でふっかけて来るラオス人。

 

この人に1万キープでと言ったら、しょうがねぇな。みたいな顔で了解してくれた。

実はこの人、日本語が少し話せるラオス人でした。

 

旅のおすすめサービス

旅行費用や宿泊代金で結構楽天ポイントも貯められるので、お得ですよ!

5回くらい利用すれば、もう一回旅行行けちゃいます(^-^)

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

 

スカイスキャナー

航空券、ホテル、レンタカーを瞬時に比較し、

最適な航空券を見つけることができるので、時間とお金の節約ができます。

スカイスキャナー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ラオス, 世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カタルーニャ独立問題 まとめ

スペイン北東部カタルーニャ自治州議会が、27日「独立宣言」を可決。 これに対してスペイン政府は州の自治権を事実上停止する措置を決定しました。   これにより、国、州ともに強硬な対応に踏み込ん …

栃尾の油揚げを食べて、目的地を決めてみた。

  どうも。 旅するようにゆるりと生きるけーたです。     ゆるりと生きてるんですが、今回は旅と真剣に向き合ってみた。 旅のスタイルって本当にいろんなカタチがあって、 …

ワオとチャイにだまされた話し。

  エイプリルフールに合わせて、このネタの記事を書きたかったが、人生そう思い通りにはいかないものだ。こんなハプニングが旅の醍醐味だよ~って雰囲気が伝われば嬉しいかな。   日本の紙 …

ヤンゴンからコルカタへ

  7カ国目のインドを目指す! 果たして無事にインドへ行けるのか。それが当初からの一番の不安要素であった。なぜなら、インドはビザ必須国だからである。 ぼくのような無期限放浪の旅を続けていると …

旅するように英語を学ぶ。

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、けーたです。 英語もそんな感じでゆるりと学んでいけたらいいものですよね。     旅って慣れない地理、突然のハプニングで、イライ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村