ミャンマー 世界一周関係

黄金の国と言えば・・・・

投稿日:

 

黄金の国って言われると、

頭の中の細胞が連結して金閣寺を連想させる。

確かにJAPAN(日本)の金閣寺も輝きを放っていて素晴らしいが、

 

僕はミャンマーの方が黄金の国にふさわしいと感じた。

 

熱心な仏教徒が多いミャンマー。

 

観光地で1番有名な寺院シュエダゴン・パゴダ。

年末年始のカウントダウン花火は圧巻です!!!

写真はバガン遺跡ですがm(__)m

シュエダゴン・パゴダ。

360度黄金の異空間はまさに未知の世界でした。

寺院境内は土足厳禁のため、入口で靴を脱いで裸足でまわります。

自分の肌で存分に文化を体感することができ、

 

現地に溶け込める事ができるのが面白いです。

 

 

シュエダゴン・パゴダは、

お釈迦様の髪の毛が奉納されているとする最も有名なパゴダです。

 

その昔、商人の兄弟がインドで仏陀に出会い、

その聖髪をもらい受けたのが起源なのだそう。

めちゃくちゃ怪しい話ですが・・・・。

ちなみに“シュエ”とは黄金を意味する語句で、

その名に劣らぬ豪華絢爛な姿に誰もが圧倒されるはず。

 

 

また、内部は各地から寄付された金や宝石などで飾られており、

昔から信者にとって大切な存在であることをうかがい知れます。

 

ミャンマーでは多くの寺院では入り口で靴を脱いで裸足で中に入るようになっており、そこでも入り口では靴箱のようなものがありました。

そして、ビニール袋が売っています。

そのそばには中年のおばさんが立っていました。

そして、ニコニコと私の方に会釈をして、

靴を渡してくれればこの箱に入れてあげるよというそぶりをしました。

 

まぁ、ビニール袋を買っても、靴箱に入れても同じ分のお金が採取されるんですがね。

 

現地の方たちは、

靴入れ用の袋を持参してきます。

さすがに、見た目や性格をミャンマー人に切り替えることは、

 

僕にはできませんでしたので、

ちゃんと袋を購入しましたよ。

 




世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミャンマー, 世界一周関係
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

榛名山のロープウェイで空中散歩してきた!!

  どうも。 久しぶりに、日曜日に仕事をして1万歩歩いた、けーたです。 仕事で1万歩歩くってことは、ほぼ座ってないことに気付きました。   ちなみに、僕が群馬弾丸トラベルへ行った時 …

世界一電子化が進んでいる国

  マイナンバーカードの発行開始から3年が経過しました。   あなたは、マイナンバーの申請をおこないましたか? 私はまだです。。。 保険証代わりになるとも言われていますが、 正直、 …

ミャンマー人から学ぶ都市鉱山ビジネス

    廃棄家電に潜む大鉱脈 資源小国といわれる日本だが、実は豊富な金属資源が存在する。国から離れてみて気付く自国の文化はたくさんあるものだ。 それらが眠る「鉱山」とは、家電や携帯 …

どこまで英語を勉強すれば海外で通用するのか?

  どうも。 小学校で英語必修化とか、高校入試にスピーキングの試験が出題されるとかで、英語勉強熱に力が注がれています。僕が学生時代だったらこんなに新しい単語を頭に詰め込まれたら、脳みそが破裂 …

アンコールワットとバイヨン寺院

  コンテンツ1 そもそも、アンコールワットとは?2 で、アンコールワットはどうだったのか?3 バイヨン寺院はぼくのおすすめ4 これは準備しておいた方がいいよ そもそも、アンコールワットとは …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター見習い兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村