タイ 世界一周関係

新婚旅行はバンコクへ

投稿日:2018年3月31日 更新日:

 

目指すは微笑みの国タイ

上海を飛び立つ日がやってきた。

次に僕が目指す場所は微笑みの国タイ。

 

 

外国から別の第三国へ移動するのは初めてだったので先行きがかなり不安であり、最悪出国できなかったらどうしようと頭の中で一人で格闘していた。

 

 

 

バンコクへ向かう中国春秋航空はまだ出発まで時間があるので、またしてもプライオリティパスを活用することに。

 

またしても、プライオリティパス

人生は一度だけ。二度目の人生はない。だからこそ一度だけの人生を自由に生きたい。そんな想いから付けたタイトルです。

 

上海浦東空港はアジア屈指のエアラウンジを誇り、飲み放題、食べ放題、Wifiし放題という三種のパワーを持っている。

 

しかし、出国までの時間もあるのでそんなに悠々自適に過ごしてはいられない。

 

中国春秋航空では、ランチサービスを別途料金で注文できるのだが、ほとんどの人が格安目当てで乗車しているので、当然注文する人もいない。

 

はじめての日本人

 

今回はどんな出逢いが待ち受けているのかと思ったら、ちょうど隣に居合わせた乗客が日本人だった。

 

お互いにビックリしたが、彼はハネムーンでバンコクへ行くという。この1月から2月に掛けてのバンコクは春節と重なる中国のほかにも、サマーホリデーと重なるオーストラリアにも大人気らしい。

 

 

そのため、需要の高い航空券は必然的に高くなる。
さらに隣に座っていたのが、お相手の方でモデルのように美しい中国人だった。

画像はイメージです

 

 

この日本人男性である川田さんからタイの出入国カードの書き方を教わり、久しぶりの日本人との会話に涙が出そうになる。

 

 

この出入国カードとは、入国審査の際に必要となる、通称イミグレーションカードだ。

 

 

ここに記入漏れがあると、英語でビシバシ尋問され、最悪入国許可が下りない怪しい人と見られてしまう。

 

 

バンコク到着

 

バンコクのスワンナプーム国際空港へ到着。
日本との時差は2時間。

 

この気候はもはや半袖で生活するレベルだ。気温は高いが日本のようにジメジメとした暑さではないので確かに過ごしやすい。

 

早速、タイの地下鉄に乗りスライブスホテルズというところを目指す。
この宿を選んだ理由は徒歩5分ほどで、バックパッカーに有名なスネークファームへ到着するからだ。

スネークファームは日曜日がお休みなので、意地でも土曜日の12時までに受けなければならない。(この日は金曜日)

ちなみにこの宿は50バーツ(約150円)で衣類の洗濯もしてくれるそうだ。

 

「 スライブ ザ ホステル パッポン バイ ザ ベル」シーロム・スリウォンの評価・料金・特長などの詳細情報|タイ満員御礼ゲストハウス

 

このステイブスホテルズ、サービスも良くWifiも早いのだが、途中で途切れ、おまけに僕のベッドはコンセントが接触不良だった。
もっと英語が話せれば部屋を変えてもらえたのに、、、、
1泊だけ我慢して泊まることにした。

 

 

旅に役立つサイト

トリップアドバイザーに寄せられた数千万件もの口コミ情報や写真をもとに、 あなたにぴったりの旅行を計画しましょう !

⇩ ⇩ ⇩

【TripAdvisor】

 

一軒家を丸ごと、開放的で広々としたスペースの滞在場所、ホテルのワンルームより安い料金で、宿泊できます!

⇩ ⇩ ⇩



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タイ, 世界一周関係
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

外国人へのプレゼントには折り紙を。

  コンテンツ1 折り紙はORIGAMIへ2 難易度が高い折り紙をつくるべきか3 それでも折り紙を持っていく4 千羽鶴の意味 折り紙はORIGAMIへ 実は、20年ほど前までは東南アジアへ行 …

ヤンゴンからコルカタへ

  7カ国目のインドを目指す! 果たして無事にインドへ行けるのか。それが当初からの一番の不安要素であった。なぜなら、インドはビザ必須国だからである。 ぼくのような無期限放浪の旅を続けていると …

光を観にホイアンへ

  コンテンツ1 いざ、ホイアンへ2 バスでぼったくられる3 タンファンホームステイへ4 世界遺産「ホイアンの街並み」5 旅のオススメ いざ、ホイアンへ   ダナンバックパッカーズ …

ノープランで石川県へ向かってみた!!

  どうも。 旅することが生きがいだと感じてから、人生のすべてを旅に注ぎ込んで行こうと半分くらい思っている、けーたです。   先日、週末パッカー仲間とどこか行こうか!って話になって …

トゥクトゥクがいよいよEV化へ

  タイの名物として知られる三輪タクシー「トゥクトゥク」に、 電気自動車(EV)化の波が押し寄せています。   排ガスや騒音が社会問題になっていましたからねー。 タイ政府が大気汚染 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村