旅情報 書きモノ【benefit】

仕事に行き詰ったら、韓国の「大丈夫村」へ移住してみるのもひとつの選択

投稿日:2021年9月7日 更新日:

今この時代をあなたは楽しめているだろうか??

新型コロナウィルスは人との出逢いを制限し、僕らの生き方や働き方に大きな影響を与えた。人によっては大切な家族を失ったり、食べるものがなくフードバンクを利用している人もいるだろう。

度重なる自然災害も命を奪うほどの脅威と言える。線状降水帯による大雨で住む家を失った人、地震におびえる日々。

僕らの不安は尽きることはない。

そんな中でいつもの日常を生きていると、仕事がさらに苦痛に感じる。毎日のルーティーンのような書類作成、付き合いたくない上司、営業でのノルマ。本当にそれがやりたくて仕事が楽しくてやっているのなら止めましないが、

一歩踏みとどまって自分の人生を見つめ直すことはすごく大切だってっことを頭の片隅にでも置いておくことをおすすめします。

真面目に淡々と仕事をすることも大切ですが、人間の生きる時間には限度があり、1日の時間も限られています。

「時間」は人間にとって唯一の平等だと思っている。

限られた時間を誰と過ごし、どんなことをして楽しむか。みんなでワイワイするのが苦手であれば、ひとりで読書をしてもいいと思う。

イモトのWiFi海外レンタル

韓国にある大丈夫村

韓国では都会での生活に疲れ切った若者たちが次々とやってくる村がある。場所は過疎化や高齢化が進む木浦(モッポ)市にある。

9月6日にNHKBS1で特集が放映されていた。

韓国では多くの若者が厳しい競争社会でストレスを抱えている。南部の港町モッポに作られた「大丈夫村」は、そうした若者に自分を見つめ直し、再出発する勇気を与えている。過疎化や高齢化が進む地方都市モッポに作られた「大丈夫村」には、都会での生活に疲れ果てた若者たちが、次々とやってくる。仕事をやめたり、休職したりして参加する若者も少なくない。1週間のプログラムで自分を見つめなおし、参加者同士で悩みを共有することで、次第に生きる勇気を取り戻してゆく。大丈夫村への参加がきっかけとなり、モッポに移住した若者も...

木浦市は人口23万人ほどで、青森県八戸市に似ている感じの都市だ。旧市街地とニュータウンとの格差が問題になっており、廃れつつある下町を芸術の街として作り変える取り組みを実施している。

大丈夫村では一週間のプログラムで自分を見つめ直し、参加者同士で悩みを共有することで、次第に生きる勇気を取り戻していく。

このプログラムへの参加がきっかけとなり、木浦市に移住した若者もいる。

日本でも田舎で暮らしたい若者の多くは心が疲弊していることだ。当然自然は癒してくれるし、時の流れも穏やかに感じるので居心地がいいのだろう。

 

田舎暮らしおすすめサイト

田舎暮らしの情報を詳しく掲載されているサイトで空き家情報や地域おこし協力隊についても知ることができます。

移住が少しでも気になっている方はぜひお読みください。

農林水産省の田舎ぐらしお役立ちページ。就農支援サイトリンク集もあり、土地の風土や農産物に興味がある方におすすめ!!

様々な事例をヒントに自分の将来像を描いてみましょう。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-旅情報, 書きモノ【benefit】
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

目標を達成するための3つの条件を教えます

あけましておめでとうございます。     2021年、丑年が幕を開けました。 今年はどんな年にしようか、と思い描いている人はたくさんいることでしょう。 僕もやりたいことがあり過ぎる …

テントから見た景色

空気が美味しい大自然で自分と向き合うひとりの時間を大切にしよう

どうも。 旅するようにゆるりと生きたい、けーたです。     ゲーム配信や音楽ライブ、ZOOM会議などオンラインでの活動が活発になってきたので、 日本での通信速度が低下しているので …

journey

【芸術の旅】綺麗だな、カワイイなと思う純粋な気持ちを大切にしよう!

どうも。 旅するようにゆるりと生きたい、けーたです。 10年前くらいだろうか、いやもっと前かもしれない。 新聞の折り込みチラシに画家のラッセンの広告をよく見かけていた。 ラッセンの作品の特徴は海・イル …

日本の人口減少について考えてみた

コンテンツ1 はじめに2 進む人工知能(AI)の技術開発3 もし、日本が移民を受け入れたら4 まとめ5 旅のオススメサービス はじめに たくさんのニュースや報道でも取り上げられているが、日本は人口減少 …

家族で流しそうめんを食べた、あの夏の日を僕は忘れない。

  どうもです。 本当は暑くて、こんな風にブログを書くことすらためらってしまうほどに気力が無いのです。そんなときのモチベーションは記事を読んでくれている方からの些細な感想です。こんな僕の拙い …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村