世界一周関係 日本

【ノープラン旅】奥只見ターミナルでダムカレーを食べてみた!!

投稿日:2021年7月11日 更新日:

 

どうも。

旅するようにゆるりと生きる、けーたです。

 

ここまで順調に旅を続けてこられたのも、旅の発起人であるざわざわ先生と、

運転手けーいち君のおかげだと思う。

改めて、感謝します。

 

奥只見ターミナルにて

食堂のおばさんにダムカレーを積極的に勧められ、否応無しにダムカレーを注文ることとなった僕たち。

他のメニューに魅力を感じなかったわけではないが、ダムと言ったらこれでしょ!と自分の心の中でも決めていた。

ちなみにダムカレーの定義みたいな記事

⇩ ⇩ ⇩

ダムをモチーフにしたカレーです。 ごはんは堰堤、カレールーは貯水池を表現しています。 2009年ごろから全国的に増え始めました。 ところでダムとは何なのでしょう。 じつは、ちゃんと説明できるかたは意外に少ないと思います。…

 

他のメニューにはわっぱ飯や、山菜定食など新潟出身の僕にとってはいまいち、今食べたいという直感が無かった。せっかくダムに来たので。

 

注文したダムカレーが待ちきれなくて、

ダムカレーカードの写真枠に納まりたがる運転手のけーいち君。

ダム堤をバックに写してあげたかったが、君の印象が濃すぎるんだなぁ。

もはや風景と一体化している。

【けーいち君】

 

下の方をよく見ると、「ダムカレーを手に持ち」って書いてあるんだよね。

フレームの枠を持ちながらなんて、どこにも書いてないんだけど。

ダムカレーをひとくち食べたらそんなことはどうでもよくなっていた。

ごはんに隠れて見えないが、ふきのとうの天ぷらが添えられている。

山菜が苦手な人は、注文の際に「ふきのとう食べれる??」って食堂のおばさんが聞いてくれるので心配は不要。

皿からこぼれそうなほど並々盛られたカレー。

 

 

カレーは好きで一週間に一回は食べている僕ですが、こういった観光地で食べるという雰囲気がまた、小さな隠し味としてトッピングされてるんだろうなぁ。

 

ひとくち、ひとくちスプーンから自分の口へ運ぶたびに、

「あぁ、こうやってみんなで食べてる瞬間が一番幸せかもしれないな」

そんな気持ちになって、ひとくちずつ噛み締めながら食べていた。

 

 

昼飯も食べてお腹も満たされた僕たちは、おそらく一日の中で一番活気がでてきていたはずだ。

その足取りは軽やかに、スロープカー乗り場までテクテク、テクテクと進んでいく。

駐車場からダム広場まで標高差で約50mあるので、軽く登山して登っても良かったのだが、食後のおじさん3人組にはそんな体力と気力は残っていなかった。

スロープカー乗り場までの足取りだけが軽かったのである。


スロープカーは片道で大人100円/子ども50円となっている。

車いすでも乗り入れ可能で、足腰の弱いお年寄りはぜひ活用した方が良いと思う。

待つこと10分。

緑の箱型ゴンドラが来た。定員は40名。

なぜ、緑色なのか調べたところモリアオガエルをイメージしてデザインされているとのこと。

 

 

この先に、いよいよ待ちに待った遊覧船が僕等を出迎えてくれる。

実は、僕等は産まれてこのかた何十年も生きてきたが、未だに遊覧船に乗ったことがなかったのだ。

ギラギラした目でスロープカーを見詰めていたら、少年の頃の夏休みの思い出が記憶の底から蘇ってきた。




世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-世界一周関係, 日本
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【群馬県】逆さに映る「榛名富士」が美しくて絵画のようでした。。

  紅葉の季節もあっという間に終わりそうです。 今年はどんな紅葉を見れましたか? 好きな人と見れましたか? 一年に一度しかない貴重な瞬間を少しでも多く残し、人生に悔いの無い様に生きましょう。 …

白峰温泉総湯で美肌になってきた話。

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、けーたです。   ということで、雪だるま祭りを見た後は、待ちに待った温泉タイム。 県外で入る温泉は格別なのです。骨までとろける様なこの瞬間 …

中国へ行く前にセカイVPNを登録しよう!

  コンテンツ1 中国のネット規制2 セカイVPNとは3 登録手順4 まとめ 中国のネット規制  中国へ渡航された方はご存じかと思いますが、中国はネット規制の制限が非常に厳しい国です(香港は …

ワオとチャイにだまされた話し。

  エイプリルフールに合わせて、このネタの記事を書きたかったが、人生そう思い通りにはいかないものだ。こんなハプニングが旅の醍醐味だよ~って雰囲気が伝われば嬉しいかな。   日本の紙 …

ベトナム再入国にはビザが必要です!!!

  先日、パスポートは要らないんじゃないか~って記事を書きましたが。 ※こちらの記事 ⇩⇩ 出入国スタンプが無くなる日   同様に査証(ビザ)も不要にしてもらえると、旅する者にとっ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村