世界一周関係 日本

奥只見でダムカレーを食べてみた。

投稿日:

 

どうも。

旅するようにゆるりと生きるけーたです。

 

ここまで順調に旅を続けてこられたのも、旅の発起人であるざわざわ先生と、

運転手けーいち君のおかげだと思う。

改めて、感謝します。

 

奥只見ターミナルにて

食堂のおばさんにダムカレーを積極的に勧められ、否応無しにダムカレーを注文ることとなった僕たち。

他のメニューに魅力を感じなかったわけではないが、ダムと言ったらこれでしょ!と自分の心の中でも決めていた。

ちなみにダムカレーの定義みたいな記事

⇩ ⇩ ⇩

ダムをモチーフにしたカレーです。 ごはんは堰堤、カレールーは貯水池を表現しています。 2009年ごろから全国的に増え始めました。 ところでダムとは何なのでしょう。 じつは、ちゃんと説明できるかたは意外に少ないと思います。…

 

ちなみに他のメニューにはわっぱ飯や、山菜定食など新潟出身の僕にとってはいまいち、今食べたいという直感が無かった。

 

注文したダムカレーが待ちきれなくて、

ダムカレーカードの写真枠に納まりたがる運転手のけーいち君。

ダム堤をバックに写してあげたかったが、君の印象が濃すぎるんだなぁ。

【けーいち君】

 

下の方をよく見ると、「ダムカレーを手に持ち」って書いてあるんだよね。

フレームの枠を持ちながらなんて、どこにも書いてないんだけど。

ダムカレーをひとくち食べたらそんなことはどうでもよくなっていた。

ごはんに隠れて見えないが、ふきのとうの天ぷらが添えられている。

山菜が苦手な人は、注文の際に「ふきのとう食べれる??」って食堂のおばさんが聞いてくれるので心配は不要。

 

 

カレーは好きで一週間に一回は食べている僕ですが、こういった観光地で食べるという雰囲気がまた、小さな隠し味としてトッピングされてるんだろうなぁ。

 

ひとくち、ひとくちスプーンから自分の口へ運ぶたびに、

「あぁ、こうやってみんなで食べてる瞬間が一番幸せかもしれないな」

そんな気持ちになって、ひとくちずつ噛み締めながら食べていた。

 

 

昼飯も食べてお腹も満たされた僕たちは、おそらく一日の中で一番活気がでてきていたはずだ。

その足取りは軽やかに、スロープカー乗り場までテクテク、テクテクと進んでいく。

駐車場からダム広場まで標高差で約50mあるので、軽く登山して登っても良かったのだが、食後のおじさん3人組にはそんな体力と気力は残っていなかった。

 

ここまでの足取りだけが軽かったのである。




スロープカーは片道で大人100円/子ども50円となっている。

車いすでも乗り入れ可能で、足腰の弱いお年寄りはぜひ活用した方が良いと思う。

待つこと10分。

緑の箱型ゴンドラが来た。定員は40名。

なぜ、緑色なのか調べたところモリアオガエルをイメージしてデザインされているとのこと。

 

 

この先に、いよいよ待ちに待った遊覧船が僕等を出迎えてくれる。

実は、僕等は産まれてこのかた何十年も生きてきたが、未だに遊覧船に乗ったことがなかったのだ。

ギラギラした目でスロープカーを見詰めていたら、少年の頃の夏休みの思い出が記憶の底から蘇ってきた。


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-世界一周関係, 日本
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国でオリジナル商品を作る方法教えます

先日、 中国の広州へ行って参りました。   広州で有名なカントンタワーです。 見上げる位に空を突き抜けるスカイツリーのようです。   中国と言えば、キャラクターの模倣や、 有名ブラ …

ぼくらの大地の芸術祭2018 【入場編】

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、けーたです。   8月も今日で終わり。 夏の終わりを感じるように最近は、朝晩もめっきりと冷えてきましたね。   今回は、3年に一 …

韓国で「チメク」してみた。

そうそう、今更ながら夏休みの休暇を利用して韓国へ行ってきた。   その時、とある旅人から「チメク」って食べ物をごちそうしてもらった。 というか厳密にいうと、この言葉の使い方が僕にはわからなか …

群馬県の榛名神社へ行ってきた!!

  どうも。 榛名神社でパワーを大量に吸収してきた、つもりのけーたです。   これからどんな人生の荒波が来ようと、すべて避ける力を身に付けました。   さて、前回の続きで …

ヨーロッパのソーセージを食べ比べた結果

  コンテンツ1 ソーセージの歴史2 ドイツ3 イタリア4 フランス ソーセージの歴史 ちょっと歴史の勉強をしましょう。 ソーセージの起源は紀元前15世紀の中近東にさかのぼる。 ローマ帝国を …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村