書きモノ【benefit】 環境

一日木こり体験してきた!!

投稿日:2018年12月23日 更新日:

 

どうも。

クリスマスの予定がとある起業でのパソコン設置作業に決まった、けーたです。

 

まぁ例年の如く、予定は無かったので切なさも何もありません。

 

先日、

一日木こり体験をしてきました。

 

おかげさまで首から肩にかけての筋肉が痛く、

車で衝突事故を起こしたようなむち打ち具合です

 

 

日ごろ、運動不足をしていない証拠だなぁと改めて痛感させられました。

 

 

一日木こり体験とか言って、楽しそうに表現していますが、

ただ単に実家の裏山にある杉の木を伐りに行っただけなんです

 

 

 

 

いや~、いろいろと考えさせられましたよ・・・・。

 

何をって??

 

ウチの裏山にはたくさんの杉の木がそびえたっています。

 

その昔、おじいちゃんが苗木をたくさん買って植林したそうです。

 

なぜ植林したのか??

当時、新築住宅の建築ラッシュで国産の木材が重宝されました。

1本あたり5万円~10万円の価値があったのです。

すごいですねー、今もそんな価値があれば仕事しないで僕も植林し続けていました笑

 

 

この住宅バブルがこれからも続くだろうと考えた私の祖父は、

杉の木を植えて育てたわけですね。

ほぼ手入れ不要で、みるみる間に背丈を超えて育った杉の木カナヘイきらきら

 

 

 

未来への投資をしたつもりでしたが、時すでに遅し。

外国産輸入木材の登場により、国産の木材は需要価値なし。

 

特に杉に至っては、春先に花粉を出すだけのお荷物になってしまいましたショックなうさぎ

 

 

なんとか活用しようと、あらゆる分野の学者や地域住民が試行錯誤しました。

しかし、大半は伐採処分として処理されています。

 

 

父がチェンソーで細かくしていく太い幹を見ていると、

何か有効活用はないものか、いつも考えていました。

 

 

 

 

現在では、薪ストーブ用の薪くらいにしか活用は思いつきません。

海外では不要木を誰が持って行ってもいいとうラフなシステムらしいですが、

この日本では所有者のわからない不要木を勝手に持ち去る行為は盗木の罪になります。。

 

 

もっと効率的に資源を活用できる政策を国に望みたい。

 

 

人間だけでなくすべての生き物は木が無いと生きていけませんからね無気力ピスケ

林業再生を目指します!!


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書きモノ【benefit】, 環境
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スマートコンタクトレンズについて調べてみた。

果たして、ぼくらの生活はどこまで進歩していくのでしょうか?   先日、とある起業家さんたちの集会で、 「スマートコンタクトレンズ」という言葉を耳にしたので、 ちょっとだけ調べてみました。 ス …

柔らかい方が好みです。

  柔らかい方が好みです。   あ、ぬいぐるみや異性の感触じゃないですよ笑   日本のパンは海外に比べてとても柔らかくできてるのはご存知かと思います。 それを食べて育った …

レンタカー借りて、お楽しみのコテージ泊。

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、けーたです。   トリッピースシリーズまだまだ続きます。 このネタで一カ月分記事を書けそうなのですが、さすがにそこまで付いてこれる変わり者 …

旅する○○って本がオススメなので、読んでもらいたい!

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、けーたです。 僕のタイトルも旅するように・・・なんて文言で表現されていますが、 一切書籍は出版しておりません。 御要望があればいつでもご対応致します …

サ活の旅

  どうも。 眼鏡とサウナがあれば何も要らない、けーたです。 近年稀にみる、僕のブログのタイトルの短さですね。     最近、サウナ活動(以下、サ活)という言葉をよく耳に …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター見習い兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村