しごと

AI時代だからこそ大切にしたいヒト

投稿日:

 

はじめに

これからは、AIというものが、どんどんと進んでいく世の中であることを前提に、経営を考えなければいけないと思う。

人工知能がますます進化をして、近い将来はもっと高度なお掃除ロボットやロボット家政婦が出てくる。

そういう中で、「ヒト、モノ、カネ」の時代はもう終わりを迎えているのではないだろうか。

これからは、「ヒト、ヒト、ヒト」になるんじゃないかな。

 

AIは人間ではない

人高知能と共存光栄するためには、ヒトがヒトであるということが何より大事。AIが普及するからこそ、ヒトでなければできないサービスを、ぬくもりをもって提供する。

そのことの価値が大きく問われてくるだろう。

我々人間が人間社会においてやるべきことというのは、そこだと思うんです。

AIは人間ではない。

では、私たち人間は何かといったら「ヒト、ヒト、ヒト」だと思うんです。これは何かというと、やはり感情の部分が大きいでしょうね。

 

最大の課題は・・・・??

たぶん、次の段階に向けて人工感情といわれるロボットの開発がきっと世界のどこかで進められていると思う。

でも、それが世の中に出てくるまでには、やっぱり少なくても5年とか10年はかかる。

経営の方向性が、5年、10年のスパンを見据えたものである以上、もっと「ヒト、ヒト、ヒト」というところを重視した上で、商品づくりでも社員教育でもしていくことが急務であり、最大の課題かなって思う。

 

人間じゃなければできないサービス

心のこもった仕事ができるかどうか。そういう人を育て、そういう人を派遣していくことができるかどうかというところが、一番大事になってくる。

そして、それこそが企業課題でもある。

社会的な価値を創造できるかどうかに、生き残れるかどうかがかかっていると思う。

 

まとめ

あと、何年でこの仕事が無くなりますよ~~っていうニュースや記事を目にすることが多くなってきた。

工場のように流れ作業で仕事をしている人。

決まったローテーションで仕事をこなしている人。

今の世の中で、明日の職をロボットに奪われてしまうかもしれないという危機感で働いている人はどのくらいいるのだろうか。

これは、そんな遠い将来の話ではなくて、近い将来自分の身に降りかかってくる出来事だ。

だけど、ロボットだらけの世界を想像したら、なんだか冷たくてつまらない世界なんだろうなぁ。

果たして、2017年はAI元年になるだろうか??

自動運転の技術がどこまで発展するのか楽しみだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-しごと
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておいてほしい退職のマナー

  コンテンツ1 はじめに2 退職の意思を伝える3 退職届を書く!4 有給は取れるのか?5 退職のあいさつをする6 まとめ はじめに 世界一周や長期旅行に関わらず、何かしらの理由で職場を退職 …

10年後に消える職業と心の貧困

    「10年後にこの仕事無くなるよ~」   と、言われながらもう3年後にその第一波となる2020年を迎えます。 第二波は2030年みたいです。   2020 …

残業監視ドローンが開発されました!!

  おそらく日本でしか利用価値がないんじゃないかなぁ。   残業が社会問題化している今だからこそ、   導入される社会人の希望の星。     夜間のオ …

no image

エントリーシートと適正検査

  コンテンツ1 はじめに2 強調する点を決める3 例題集や対策口座4 対策のポイント はじめに 大学3年生の就職活動解禁(3月1日)まで残り3ヵ月余りとなりました。 就活の初期段階では、エ …

就職活動の出費について考えてみた。

はじめに  就職活動が学生のお財布にかなりの打撃を与えている。少しでも節約するべく学生たちにも意識をしながら活動する人も増えてきた。本当になりたい仕事に就きたいのであれば、何十社も採用試験を受けるのは …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村