オブジェクト

クリスマスツリーはなぜ飾るのか?

投稿日:

 

はじめに

クリスマスが近づいてきました。街を歩くときれいに飾られたツリーが目に入ります。家に飾り、当日を楽しみに待つ人もいるでしょう。

毎年この時期になると不思議に思うことがあります。

クリスマスツリーはなぜ、飾るのか?

クリスマスはもともと、イエス・キリストが誕生したことを祝うキリスト教の行事ですが、ツリーの起源は古代ヨーロッパまでさかのぼります。

 

ゲルマン民族の祭り

当時、ヨーロッパに住んでいたゲルマン民族は冬になるとユールという冬至の祭りを行いました。

冬至とは、1年の中で最も昼が短く、夜が長い日です。

冬至を過ぎると昼が長くなっていくため、太陽の復活を祝って木を燃やしたり、ごちそうを食べたりしたのです。

そこで使われたのがカシの木で、これがツリーの起源とされています。

カシは1年中、緑の葉を付ける常緑樹。

冬でも葉を落とさないため「生命力の象徴」と考えられたのでしょう。

 

命の象徴として信仰

その後、ゲルマン民族は4世紀から5世紀ごろ、キリスト教を信じるようになっていきます。

ユールの風習も時間をかけてキリスト教の中に取り込まれました。

例えば中世のドイツでは、教会で行われたクリスマスの劇に「知恵の木」としてモミの木が使われたと伝えられています。

モミも常緑樹で「永遠の命」を表しています。

また、モミの木は横から見ると三角形なので「三位一体」というキリスト教の教えにつながると考えられたようです。

 

ツリーの飾りにも意味がある

ツリーの飾りにも意味があります。赤い球は「知恵の実」、リボンは「絆のシンボル」、ベルは「イエス誕生の喜びを告げるベル」といった具合です。

星は「キリストが生まれたことを知らせる星」。

雪は「ツリーの緑をより一層際立てるために」。

クリスマスツリーの風習は、ドイツからアメリカやイギリス、そして日本など世界へ広がっていきました。

ちなみに、日本で最初にクリスマスツリーを飾りはじめたのは明治時代だそうです。

こうやって見ると、ぼくらが何気なくクリスマスに見ているツリーは長い歴史があることがわかります。

 

まとめ

いつの間にか、私の家ではクリスマスツリーがどこへ片付けられたかもわからない状態です。もはや、すでに廃棄処分されている可能性が高いです。

長い歴史の中で、宗教という名の枠を超えて世界中で親しまれるイベント「クリスマス」。

世界平和を象徴するために作られたイベントとして、後世へ引き継いでいかなければならない。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-オブジェクト
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPadはノートパソコンの代わりになるのか?

  はじめに iPadを買ったら、次に欲しいのはBluetooth接続の外付けキーボード。 装着すれば、ノートパソコンのような外観になるが、その実力は?? ハードウェアとしてのキーボードを使 …

意外と知られていないiPadの使い方

  コンテンツ1 はじめに2 意外と知られていないこと3 iPadの各名称について4 スワイプ機能 はじめに 知っているだけで、もっとiPadが快適になる。なんとなく使えている人にとってタメ …

ドローンの可能性と規制について調べてみた

    コンテンツ1 はじめに2 GPS利用で自律飛行3 スマホでも操作可能4 主な活用事例5 海外の状況は??6 ヨーロッパでも各国で規制7 日本でのドローン禁止ルール はじめに …

Goproを買って、旅に出よう!

  コンテンツ1 はじめに2 Goproとは?3 どんな風に撮影できるのか4 Gopro購入の際の注意点5 まとめ はじめに 「旅の想い出を写真や動画で残したい。」 特に世界一周なんていう旅 …

バックパックなら【グレゴリー】をおすすめするよ!

    コンテンツ1 はじめに2 グレゴリーの特徴3 特徴まとめ4 使用してみて・・・ はじめに バックパックは「快適な背負い心地」こそが命とされている。 しかし、「背負い心地」と …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村