世界一周関係

いい目をして帰ってきたね。

投稿日:2017年10月8日 更新日:

帰国後、

たくさんの人に「おかえりなさい」とか、

「旅の話し聞かせてよ」とか言われてきたが。

 

「いい目をして帰ってきたね。」と言ってくれたのは、

たった一人だけだった。

 

バックパッカーとは・・・

それは旅に没頭することなのかもしれない。

最近になってそんなことを思うようになった。

知らない国を歩く。

その国の言葉も話せない中で旅を続ける。

心の大半を占めているのは「どうやってバスの切符を買うのか」、

「快適な安宿はどこにあるのか」、

そんなことばかりなのだ。

 

旅を乗り切っていくには、

旅に没頭するしかなかった。

没頭したところで、人生の手応えを手繰りで寄せられるわけではなかった。

あるのは旅に没頭したことだけなのだ。

それを延々と積み上げた日々を背負って、

僕は日本へと戻ってきた。

 

何かが変わったのか。

僕はなにかを得たのか。

はっきりしたものがあるわけではなかった。

思い返してみても、

蘇ってくる記憶は旅に没頭していた日々だけである。

 

いろんな旅のカタチがある。

週末に台北に行って、小籠包を食べまくるのも旅。

サラリーマンが出張を終え、好きだった遺跡を1日だけ訪ねるのも旅。

シニア向けの高級パッケージツアーも旅。

新婚旅行も立派な旅。

バックパッカーという旅のカタチはそのなかでも数少ない少数派。

 

ひとりで旅をする

 

バックパッカーは基本的に一人である。

道中で旅仲間と意気投合し一緒に旅をすることもあるが、

ずっと同行するわけではない。

孤高の一匹オオカミってわけじゃないけれど、

ひとり旅がベースであることは変わらない。

ひとりって寂しい時もあるし、

すべての責任は自分で拭うしかない。

バスの行き先が間違っていても、

ホテルのバスルームで水が出なかったとしても。

誰に八つ当たりすることもできない。

次に待つ列車が5時間後だが、

見渡しても食堂やスーパーはどこにもない。

空腹のままペットボトルの水だけをゴクゴクと飲み干し、電車を待つ。

 

いい目をして帰ってきたっていうのは、

無精ひげでやせ細ってやつれた顔だからそう見えたのかもしれない。

 

一日一日の旅の足跡が旅人の目つきを変えていく。

台湾やハワイへ旅行へ行った人たちで目つきが変わるほど、変化する人は今まで聞いたことがない。

 

「いい目をして帰ってきたね。」の一言が僕にとって、いやすべてのバックパッカーにとっての賛辞の言葉だと思う。


世界一周ランキング

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイランドのマックス登場!

  彼の名は・・・   僕がホイアンで宿としていた「タンファンホームステイ」で、一人アジア人っぽい人がいた。   向こうから気軽に僕のテリトリーに入り込んできた。 名前を …

新婚旅行はバンコクへ

  コンテンツ1 目指すは微笑みの国タイ2 またしても、プライオリティパス3 はじめての日本人4 バンコク到着 目指すは微笑みの国タイ 上海を飛び立つ日がやってきた。 次に僕が目指す場所は微 …

中国へ行く前にセカイVPNを登録しよう!

  コンテンツ1 中国のネット規制2 セカイVPNとは3 登録手順4 まとめ 中国のネット規制  中国へ渡航された方はご存じかと思いますが、中国はネット規制の制限が非常に厳しい国です(香港は …

ヤンゴンからコルカタへ

  7カ国目のインドを目指す! 果たして無事にインドへ行けるのか。それが当初からの一番の不安要素であった。なぜなら、インドはビザ必須国だからである。 ぼくのような無期限放浪の旅を続けていると …

ラマゲストハウスオーナー登場!!

ブッダガヤへ コルカタからガヤへやってきました。 ブログで書いているとあっと言う間の出来事のように感じてしまいますが、インドでの交通手段はなかなか初心者にとってはレベルの高いものでしたよ。 ガヤから田 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村