ミャンマー 世界一周関係

ヤンゴンリバーを渡り、スネークテンプルへ

投稿日:

スーレー・パゴダが観てみたい

 

 

ヤンゴンのとある宿で有難い朝食のトースト&エッグを頂き、

ぼくは「スーレー・パゴダ」という黄金の仏塔を目指して歩き始めた。

日差しが少し暑く、できるだけ日陰を歩くようにし、砂地の道路をがむしゃらに歩くこと20分。

道路を塞ぐように露店がびっしりと並んでいる。

 

フルーツだったり、肉、魚、衣類、おもちゃ、お菓子。誰が買うんだろうって思うくらい古びた布切れも売っていた。

露店が好きな人にとっては飽き無くて面白い場所だと思う。

 

しばらく歩くと道路を跨ぐ歩道橋が姿を現す。ミャンマーにも日本のような歩道橋が存在するんだなぁ。思っていたよりも、ミャンマーは進歩している。歩きスマホをしている人もいるし、Youtubeをみている人も普通にいる。

 

ワオ 登場!!

歩道橋から見える景色に見惚れてしまい、しばらくその景色を眺めていると一人の青年が声を掛けてきた。若干、日本語も器用に操るこの青年は、「ワオ」という名前で29歳。職業は散髪屋。

ワオ「眺めが良い場所、案内するから川の方まで行かないか?」

 

明らかにぼったくられるパターンだな、と察した。

 

でも、たまにはこういったスリル満点な展開もありかな、と感じてなぜか、気持ちの赴くままに付いていってしまった。かなりポジティブに捉えられるかもしれないが、僕にとっては観光地を案内してくれるという気持ちが純粋に嬉しかった。

 

日本では知らない人には付いていかないとか、大人から社会のルールみたいなものを教わるけれど、それに反してみたい気持ちも生きていれば生まれるものさ。

 

ヤンゴンリバー到着

 

ミャンマーの首都ヤンゴンで一番大きい川だ。雄大な川に悠々と立ちはだかる巨大な2階建てのフェリー。

当然、お金を取られるんだろうなと疑心暗鬼でいたが、このフェリーはJAPANフリーとのこと。

つまり日本人は「タダ」ってことだ。

確かにフェリーの上部先端にはミャンマーと日本の国旗が掲げられている。深い事情は知らないが、この制度をしらないでお金を払っている日本人もたくさんいるそうだ。

船内に待ち伏せる子坊主

対岸まで何分も掛からない距離なのだが、フェリーは50人ほど乗せてゆっくりと進む。船内ではオレンジ色の仏装に身をまとった子坊主が入れ替わりのようにぼくの前へ現れる。

500チャット寄付しなければいけないルールのようだ。ワオ曰く、一回払えばいいと言われたが、なぜかワオの分と併せて1000チャット(80円)が子坊主のポケットの中へ。

 

スネークテンプル

対岸へ到着し、バイクに跨りヘルメット無しでスクーター二人乗り。

日本では絶対に有り得ない体験で、デコボコの舗装を猛スピードで飛ばす、ワオ。

何度も振り落とされそうになり、スマホもポケットから落ちそうになり、バイクで走ること1時間。

 

大蛇が神様のように祀られている「スネークテンプル」に到着。

大蛇は天井から床まで目のやり場に困るくらいたくさんいる。そして、大蛇の付近には募金箱がある。

ここでも、お金が要求される。

ちなみに、この寄付代金は蛇のエサ代に充てられるとのことです。

世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミャンマー, 世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いい目をして帰ってきたね。

帰国後、 たくさんの人に「おかえりなさい」とか、 「旅の話し聞かせてよ」とか言われてきたが。   「いい目をして帰ってきたね。」と言ってくれたのは、 たった一人だけだった。   バ …

イタリア人と会議

  絶対に人と同じことを言わない。   あ、、、愚痴ではないですよ笑   意見を求められると、独自の視点に基づく自論を展開してくるのです。   それが、荒唐無稽 …

世界一周15日目でカメラがぶっ壊れた話

  自撮りしたかったんです・・・・   ホイアンの喧騒から少し外れた、あまり観光客が少ないというか、ほぼいないというか。 そんな感じの、ちょっと立派な寺院がある。   そ …

洗濯機は便利

  前回までの様子 ↓ ↓ ↓ タイランドのマックス登場!   マックスと昼飯を食べ終わってから一度宿に戻って、部屋を変更。   昨日のドミトリーは扇風機しか使えず暑かっ …

旅させてもらっている。

    ミャンマーのカローにて   カローからインレー湖へ抜けるトレッキングツアーに参加した。 海外へ来てまで山登りである。山の道具なんて一切用意していないのに、その時の …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村