トレッキング

【ぼくらの夏休み】南魚沼市にある巻機山で過ごした暑い一日!!

投稿日:

 

どうも。

競争社会から逃げたくて逃避行ばかり続けている、けーたです。

生きていれば涙が枯れるほどの悲しいことや目を覆い隠したくなるような辛いことも山ほどあります。高い壁にぶち当たると、這い上がろうとしたくなる人もいますが、最近では諦める人が多いそうです。

興味が無いことをやっても身に付かないし、面白くないものです。

ということで、人生を悟りたくなる山へ行ってきました。

前回の様子

【人生初】1900mを超える日本百名山の「巻機山」へ挑む!!

巻機山名物「犬の手形」

犬の手形

調べても公式的なモノではないのかなと思い、名称がわかりませんでいたが8合目を過ぎると森林限界が姿を現します。この写真でハートを逆さにしたように見える部分に丸い点が上に3つ。

見えましたか?

時期により見える時と見えない時があるようですが、まさに「犬の手形」です。自然は面白いなぁと改めて思います。

 

森林限界とは

森林限界は環境によって高木が育たずに森林を形成することができない境界線のことです。適度な気温と・湿度・水分・日光が得られず森林が育たない、そんな環境です。

そして、この限界を突破してもなお生息する植物を高山植物を呼びます。

まるで見たことの無いような植物は、まさに火星などの異世界にでも足を踏み入れたような心境です。

 

9合目を抜けたその先は・・・

ニセ巻機山と呼ばれる9合目で一時的に山頂の雰囲気を感じることができます。そして、さらに奥へと果てしなく道が続く天竺への道。

 

この上にいよいよ念願の山頂があるのですが、ところどころ万年雪があり吹く風は心地が良い。雲一つ無い青空は僕の汚れた心を浄化させてくれているようだった。

山頂へ到着

着いた。その瞬間みんなが一斉にカメラを構えた。

カメラを持たない人間まで両手でカメラフレームを作り、撮っている風なポーズを取っていた。地上の気温からは約10度くらい違うだろうか。それでも照り付ける日差しは暑く、帽子が無いとしのげない程だ。



夢にまで見た山頂の景色

 

景色は息を飲むほどに綺麗だったのだが、一行は疲れ果て食欲もままならない。だが、心地よい風に揺られて次第に生気を取り戻していた。

それにしても空気が本当にうまい。

風が少々あるのと、トンボの大群がいるのでバーナーを使うのを戸惑ったが無事にお湯も湧かすことができカップラーメンを食べることができた。

青空には青いパッケージのシーフードが良く似合う。

牛ヵ岳へ続く道

実は山頂からさらに二手の新たなるコースが出現する。写真は牛ヶ岳へと続く道だ。まるで天竺へと続く山道で山の稜線をひたすら歩く為、見晴らしはすごくいい。

血の池

僕らも少しだけ足を進めてみた。すると、赤い血の池のようなものが見えてくる。おそらく下の地盤が赤土なので赤く見えるのだろう。池の中に手を突っ込んだ人がいたが、ちょっと温い様な冷たさだという。なんだ、この謎解き。

 

大量の石積み

ある程度登ると大量に積まれた石積みがある。

よくこの高さになるまで積んだものだと感心しつつ、僕らもひとつずつ小石を積む。願い事が叶うと信じながら積むと願いも叶うという。

強い日差しに備えて用意は万全に!!!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-トレッキング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

護摩堂山とゴマゴマトリオの冒険(後編)

  コンテンツ1 前回の様子2 山頂で戯れるゴマゴマトリオ3 山メシの時間ですよ。4 しゅんたとの出逢い 前回の様子 前編の楽しい山登りの様子はこちらから↓↓ 護摩堂山とゴマゴマトリオの冒険 …

初対面の方々と弥彦山を登ってきた話。

どうも。 山登りに行く時は、カメラの電池残量を確認することを怠らない、けーたです。   花曇りのような天気の中、きっと雨は降らないのだろうと信じ込み、集まってくれた8名の登山希望者。みんな職 …

【3月24日】 角田山へ雪割草を見に行こう!

  どうも。 雪が溶けて、今年も待ちに待った山登りシーズンがやって参りました。 近年稀にみる暖冬でしたので、山野草やお花の咲く時期が早まる可能性があります。 ということで、 今年最初の登山企 …

【6月30日】 護摩堂山あじさいウォーク

  「今年になってからまだ山登りしていないけど、気が付いたら梅雨の時期に(゜-゜)」」」     そんな方々のために、毎年恒例の超人気企画。 梅雨の時期にオススメしたい山 …

ひとりぼっちの人がいるとほうっておけない。

今回の登山で、とある参加者が山頂で熱く語ってくれた。   僕も共感するところがたくさんあったけれど、 彼のように熱弁できるほどの発言力も無く、 改めて、いろいろと考えさせられる登山だったなぁ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1月22日生まれ
2014年~ グリーンふぁみりー運営
2017年1月25日より世界一周へ。
2019年5月~ Webクリエイター兼起業サポーター
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村