旅情報 書きモノ【benefit】

じわり浸透、御朱印ブーム!

投稿日:2018年11月17日 更新日:

 

どうも、こんにちは。

五十嵐慶太です。

 

急に体が動かなくなり、好きなことができなくなったら、あなたはどうしますか?

 

そうです、人はいつ、何時、いままでの生き方が変化するのか誰も想像できません。

生きて、体が自由に動く間にたくさん好きなことをしましょう。

 

ぼくのまわりでは、神社仏閣の「御朱印」を集める人が増えている。

 

バックパッカーや山登りをする人だけではなく、歴女を筆頭とした仏閣・神社好きが増えてきたことも要因の一つではないかと思う。

 

あと、海外から来た観光客が日本へ来た証しとして朱印されていく方も多い。

 

どうやら全世界的にブームを巻き起こしているようです。

 

 

朱色と黒で構成された参拝の証し「御朱印」とは何か?

 

人はどこに引かれるのか?

 

今回はそんな「御朱印」について調べてみた。

 

 

御朱印とは・・・

江戸時代、庶民にも参拝や巡礼の機会が増えると、参拝の証しとして授けられるようになった。

 

蛇腹状の御朱印帳に墨と筆で社名や日付、「奉拝」の文字が書きいれられる。

 

中央に大きく書かれるのが神社名・本尊名。

 

朱印料は300円が一般的。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

御朱印でめぐる関東の神社 週末開運さんぽ [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

 

楽天で購入

 

 

御朱印をはじめたキッカケ

ぼくの周りにいる御朱印ボーイと御朱印ガール達に聞いてみた。

 

「ぶらっと出掛けるのにいい。御利益がありそうで歴史を勉強するきっかけにもなる。」

 

「社寺は好きだったが最近まで御朱印のことを知らなかった。字も綺麗で、その場で書いてもらえるのでお参りの印象や記憶が深く残る。」

 

「字や印がかっこよく、旅行に行く先々で神社やお寺を探している。」

 

ちなみに御朱印帳は社寺のほか一部の書店や文具店などで手に入る。

 

ぴ、ぴかちゅー・・・・・・(゜-゜)

 

御朱印関連ニュースまとめ

 

御朱印帳というものが、若年層に浸透している。 日本の寺社仏閣を参拝した際にもらえる印章を「朱印」というが、参拝客にとって…

 

御朱印とは?御朱印についての疑問を初心者向けに分かりやすく紹介しています。御朱印のもらい方、御朱印帳の購入方法、参拝方法などを説明。初心者の方やこれから始め...

 

近年パワースポット巡りなどで神社やお寺を参拝し、御朱印(ごしゅいん)を集める若い女性が急増中。お参りしたお寺で見かけた御朱印帳の美しさに思わず手にとり、その...

 

まとめ

 

日々のお参りなどが希薄になった一方で、その分を補おうという心と、文化財・観光資産として優れた寺社、古いモノへの関心、集める楽しさがいいところで結びついている。

 

今まで御朱印を出さなかった社寺が扱ったり、巡礼コースが新設されたりしており、ブームは簡単には廃れそうにない。

 

旅のお供に是非。

 

旅の資金

御朱印を集めるために旅へ出かけるとしても、お金が必要になってきます。

さて、あなたならどう貯めていきますか?

方法はいくらでもあるのですが、その中の有効な方法をひとつご紹介しましょう!

その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス
 

 

役に立ちましたら、ポチっとお願いします

↓ ↓ ↓


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-旅情報, 書きモノ【benefit】
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

京都へ行くならJTB西日本のロボホンがおすすめ!!

  JTB西日本が、面白いプランを発表しました。   要約すると、 シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」と一緒に京都観光を楽しむプランです。   この「ロボホン」が観 …

温暖化に苦しむ「ツバル」

  海外旅行が好きな方やバックパッカーの方は、 ツバルという名前の国を一度は耳にしたことがあると思います。   私はまだ行ったことは無いのですが、 死ぬ前に行ってみたい国のひとつで …

柔らかい方が好みです。

  柔らかい方が好みです。   あ、ぬいぐるみや異性の感触じゃないですよ笑   日本のパンは海外に比べてとても柔らかくできてるのはご存知かと思います。 それを食べて育った …

日本人は歩き方を知らない

  ぼくは、海外にいるときはほぼサンダルでの生活でした。 時にはドミトリーで暮らすバックパッカーの同志にサンダルを奪われそうになった時もあるくらいサンダルは履き心地が良い。   【 …

お薬代が戻ってくるセルフメディケーション

    2018年も一月が終わりましたね。 私たちが知らないところで決まっている生活に役立つ制度がたくさんあります。   今回は2017年1月1日からスタートした、 「セ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村