インド 世界一周関係

ここは「死を待つ人の家」

投稿日:

 

インドのコルカタにて

 

ナマステ。
コルカタにあるマザー・テレサのボランティア施設を目指します。

 

その前に簡単ではありますが、マザー・テレサーとは・・・・

【マザー・テレサ】


カトリックの修道女で、インドのコルカタを中心に
貧しい人々のために、献身的に奉仕した人として知られています。
1979年にはその功績が称えられ、ノーベル平和賞を受賞しました。

≪ボランティアを募集しているインドのマザー・テレサの施設≫
① シュシュ・バハン(孤児の家)
② ダヤダン(ハンディキャップを持つこどもの家)
③ カリガート
(死を待つ人の家とも呼ばれ、マザー・テレサが一番はじめに作った施設)
④ プレム・ダーン(後天的障がい者の家)
⑤ シャンティー・ダーン(女性、精神障がい・精神薄弱者の家)
⑥ ナボジバン(幅広い年齢の先天的障がい者の家)

この施設の中でも、僕が訪れたかったのは
①シュシュ・バハンと呼ばれる孤児院でした。

しかし、こちらの施設は、
ボランティア希望者が非常に多く
長期で入ることができる人限定で、
数日しか滞在しない僕にとっては難しいので諦めました。

よって、マザー・テレサ施設の原点でもある

“死を待つ人の家”に決めました。

 

死を待っている

ここは生前マザー・テレサが生活をしていた場所でもあります。

 

何も無いこの部屋で、

深い悲しみ 苦しみを感じながら。

ベットに座って、小さな窓から空を見ている、

「かたくなな 少女」

そこには、日本で言う、軽やかで幸せな空気は無く。

荒廃した混沌の中に、強い信念、本当の愛、

重く迫力のある何かの中に、

そう 清らかなものを強く感じました。
ここに運ばれてくる病人は、本当に死を迎える人たちばかりです。
しかし、マザーやシスター達から、手厚い看護と

優しい言葉・・愛を受けることで、生まれてきたことに感謝し死んでいく。

そんな話しを聞いたことがあります。

マザーは大地にしっかりと根を張って、

私達が今本当にしなければいけない事を

教えてくれます。

今この世界で何ができるのだろう?

深く 深く 考えさせられます。

 

 

 

 


世界一周ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インド, 世界一周関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【2018】 ビザが必要な国(アジア・中東編)

    自分の旅行・出張に適したビザを事前に調べて、空港で入国拒否を受けないように最新の情報をチェックしておきましょう!! 今回ご紹介するのは観光目的に限定します。   …

幸せを比べるな、幸せは配れ!!

    「幸せを比べるな、幸せは配れ!!!」   ぼくがラオスで教わった心得です。   急にこの言葉が頭を横切ったので、 メモがわりにこのブログへ残し、 読んで …

ラマゲストハウスオーナー登場!!

ブッダガヤへ コルカタからガヤへやってきました。   ブログで書いているとあっと言う間の出来事のように感じてしまいますが、インドでの交通手段はなかなか初心者にとってはレベルの高いものでしたよ …

ナイトマーケットで日本人パッカーと出逢う

  え〜、ただいまインドのガヤにいます。   ダメですね、wifiは接続できるんですが接続が不安定なのでかなり頻繁に途切れます。 まぁ、インドで日本のようなネット環境を望むことはほ …

タイランドのマックス登場!

  コンテンツ1 彼の名は・・・2 ヒマラヤ山脈を超えた3 活躍する翻訳アプリ4 本日のおすすめサイト 彼の名は・・・   僕がホイアンで宿としていた「タンファンホームステイ」で、 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村