世界一周関係 中国

初ドミトリーと外灘の夜景

投稿日:

 

サバイディー!

今回のブログ執筆場所はラオスのルアンパバーン国際空港です。

ここではパスワード不要で誰でもwifi使い放題です。

ベトナムへの出国まで時間が余り過ぎているので。。。

初ドミトリーにチャレンジ

 

上海ブルーマウンテンというホテルで初のドミトリーにチャレンジしてみました。

 

ドミトリーとは男女共同で同じ部屋を使うことで、基本的に2段ベッドが複数部屋にあります。

 

今回僕は男女共用2段ベットで8人が一人部屋をシェアします。言葉がわからないけれど、ちょっと新鮮味がありワクワクしていました。

 

 

ですが、そんな新鮮味も最初だけで慣れない外国語とドミトリーの生活に四苦八苦しながらかなり精神的に追い詰められていました。
そんなところ運良く出逢った、日本語が通じるしっかりしてそうな白人男性が僕にドミトリーの部屋のカギの使い方、そして、ベッドの場所まで教えてくれた。
しかし、また名前が聞けなかった。
まだまだダメだ、自分。

上海の大晦日

 

横断歩道前に普通に布団が干してあります。日常的なのか、、それとも大晦日だからなのか。
翌朝、1月26日は日本でいうところの大晦日。上海ではすごく静かな朝を迎えていた。
とりあえず、有名な夜景スポットでも下見してこようかと思い、気の向くままに散歩してみた。

 

これは魚の開きと奥が肉の腸詰めですね。

これも日常的なのか、大晦日だからなのかはわからない。

 

 

ドローンを操る若者がいたり、凧を飛ばしている老人がいたり。

 
外灘(ワンタイ)まで行くと川辺が近いため、心無しか冷たい風が少し肌に染み渡る。

 

立派な遊歩道となっており、散歩している人やジョギングしている人を見かけた。

 

豫園・田子坊・フランス租界

遊歩道を少し歩くと、上海にある世界遺産「豫園」への看板があった。結構歩き疲れてきたが、ついでなので「豫園商城」へ入場してみる。

普段は40元だが、11月から3月にかけては観光客が少ないせいか、30元で入場できる。

 
ちょうど日本の京都を彷彿させるような上海の歴史を味わえる。
豫園でも人は少なく、ほとんどは旗を掲げたツアーコンダクターが率いる観光客だった。

 

その後、若者に人気と呼ばれる田子坊を少し覗き、1946年まで約100年間に渡り、フランスの植民地であったフランス租界の町並みを堪能してきた。

ここはヨーロッパかと思うような別世界に入り込んだような感覚となるが、戦争の名残がこんなにもリアルに残っている感情に胸を打たれた。

外灘の夜景

 
宿に戻り、眠りにつこうとすると、地鳴りのような響きとともに爆竹の音が。中国では今年から爆竹禁止令が出ていたのでてっきり鳴らないものかと思ったが、どうやら新年へのカウントダウンの合図だったらしい。

 

僕は飛び出して、外灘の夜景スポットを目指した。
朝とは驚くような人の数で、どこにこんなにたくさんの上海人がいたのかと目を疑うほどだった。

 
人混みをかき分け、川辺のビュースポットへ飛び出すと、

まるで宝石のカケラを散りばめたような絶景が見の前に広がっていた。

 

多くの家族連れからカップルまでがここで新しい年を迎える。

明日の朝、僕はバンコクへ旅立つ。
なんだか上海が名残惜しくなった一日でした。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-世界一周関係, 中国
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あした、世界一周へ行ってきます!!

コンテンツ1 世界を見に行く者2 本当にカマクラ作るみたいだ3 出発前夜に想うこと4 石けんは電子レンジで温めるといいよ 世界を見に行く者 先日、甥っ子と作ったJapanese「KAMAKURA」です …

新婚旅行はバンコクへ

  コンテンツ1 目指すは微笑みの国タイ2 またしても、プライオリティパス3 はじめての日本人4 バンコク到着 目指すは微笑みの国タイ 上海を飛び立つ日がやってきた。 次に僕が目指す場所は微 …

インドのアライバルビザを泣きながら取得した話

コンテンツ1 インド編 スタートです!2 申請代金は2000ルピーです3 そして、スタッフ控え室へ4 ホテルへ向かいます インド編 スタートです! ミャンマーのヤンゴンからインドのコルカタ空港に約2時 …

僕は6年間も断食出来ません。

目指すは断食山 ラマゲストハウスのオーナー「ラマ」さんと出逢った僕は、バイク二人乗りで断食山(前正覚山)をひた走る。 アスファルトでもなく、コンクリートでもなく砂地の道を進み続ける。インドでは主要な道 …

ぼくが退職してまで世界一周へ行こうと決めた理由

    コンテンツ1 小さいころからの夢だった2 世界一周は誰にでもできる3 旅に出ることは現実逃避か4 目的を持つべきか 小さいころからの夢だった 単純な理由だが、ぼくは小さいこ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村