ベトナム 世界一周関係

ダナンでバイクおじさんと出逢う

投稿日:2018年5月16日 更新日:

 

英語ができないのはかなり、イタイ

またしても、ダナン空港から徒歩で2kmほど先にある宿を目指して歩いていきます。宿の名前は「ダナンホームパッカーズホテル」。

 

行く先々のすべての宿で、「I have reservation (私は予約しています)」で通用するかと思い込んでいたら、逆に聞き返され、「booking」がどうのこうのと言われる。

 

既に予約してあるんですがと、なんとかボディランゲージを交えながらパスポートも見せて理解してもらえた。

 

 

後から考えたら、bookingも予約しているという意味の単語だった。ちょっと気持ちが焦りすぎていて、自分自身何をしているのかよくわからなかった。

 

 

やはり、英語ができないのはかなり痛い。

 

ダナンをブラブラと

「ダナンホームバックパッカーズホテル」には10時半頃に着いたので、チェックインの準備ができていなかったようだ。

 

「早すぎるので、午後2時くらいにまた来てくださいね〜」

と言われ、とりあえず「keep my baggage」と伝えて、重い重いバックパックだけ預かってもらう。

 

仕方がないので、ダナンをブラブラと歩いて街を散策してみた。

 

中国の春節のように激しくはないですが、ベトナムでもちょっと遅れて旧正月のお祝いが終わったばかりでした。

 

僕は何回年を越すのだろう笑

 

 

 

ダナンの公園から見える絶景スポットです。夜に行くとライトアップされてこんなに綺麗ですよ。

 

 

川沿いの眺めが良さそうなスポットへ来たら、結構ハローハローの誘いが頻繁に飛び交う。

 

いい加減聞き飽きてきたので、僕は公園のベンチに座り、遠くにそびえるモンキーマウンテンを眺めながら一人佇んでいた。

 

 

 

バイクおじさん登場!!!

 

空港では寒くてよく眠れなかったので、ちょっと休憩。
すると、バイクのおじさんが現れ、どこから来たか聞かれる。

 

日本ですと答えると、

「ジャパニーズ・チャイニーズ・コリアン、ウェルカム!!!」と急に雄叫びをは上げ始めた。

 

このバイクおじさんの名前はホーネス。

 

バイクの椅子の下から何やら日記帳みたいなものを取り出し、僕に見せてくれた。

 

この日記帳には、日本人観光客の感想が5行くらいに渡り綴られていた。

 

「ホーネスさんのおかげですごく楽しい一人旅になりました〜」とか、観光ガイドらしいことをしていることがすごくよくわかった。

 

要は、観光案内するから金よこせってことだろうって簡単に察知できた。

 

どこまで行くか聞かれたので、明日ホイアンに行くよって答えたら、「ホイアンまで3万ドン(約150円)で行くけどどうだ?」

 

また、ぼったくられるのも嫌だったので、
「ホイアンまでバスで2万ドン(約100円)で行けるじゃん」と答えたら、「バスだと、5万ドンじゃなきゃ行けないぞ」

 

あまりにしつこく勧誘してくるので、「金がなくてここにいるから、放っといてくれ」って伝えたら理解を示したようで無言でその場から去っていった。

 

何やら申し訳ないことをした感じでいっぱいだったが、僕もかなり疲れていた。

 

きっと、本当に親切で優しい人だったとは思います。

 

 

旅のオススメサイト

スカイスキャナーなら、航空券、ホテル、レンタカーを瞬時に比較し、 最適な航空券を見つけることができるので、時間とお金の節約ができます。


 

料金は、1日300円、670円、970円などの完全定額制で業界最安値!

携帯電話会社の海外パケット定額(2,980円)と比べて、約87%以上もオトク!




スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ベトナム, 世界一周関係
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ヨーロッパのソーセージを食べ比べた結果

  コンテンツ1 ソーセージの歴史2 ドイツ3 イタリア4 フランス ソーセージの歴史 ちょっと歴史の勉強をしましょう。 ソーセージの起源は紀元前15世紀の中近東にさかのぼる。 ローマ帝国を …

アットホームなSibyll House

  ラマゲストハウスを後にし、僕は得意技のウォーキングで1時間程度歩いた。 道路が舗装されているわけでもないので、地図を見ながら道か田んぼかわからないくらい彷徨っていた。   しば …

ぼくらの大地の芸術祭2018 【最終回】

  どうも。 旅するようにゆるりと生きたい、けーたです。   「僕らの大地の芸術祭シリーズ」が好評ですので、 第3弾をがんばって作ってみました。   ちなみに、過去記事は …

ヤンゴンリバーを渡り、スネークテンプルへ

    お久しびりです。 やくやく一週間ぶりの記事となってしまいました。 一週間空いた期間があると、常に閲覧していくれていた読者に不安と呆れの感情を同時に与えてしまうため、メリット …

ここは「死を待つ人の家」

  インドのコルカタにて   ナマステ。 コルカタにあるマザー・テレサのボランティア施設を目指します。   その前に簡単ではありますが、マザー・テレサーとは・・・・ 【マ …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村