ベトナム 世界一周関係

光を観にホイアンへ

投稿日:2018年5月20日 更新日:

 

いざ、ホイアンへ

 

ダナンバックパッカーズホテルは丁寧な対応で非常にありがたかった。


朝食のバナナパンケーキwithスイカも朝の目覚めにちょうどよかった。

僕はここでVIP会員の証であるゴム製の腕輪をもらった。

 

 

これから行く旅の先々で僕は常に左手首に、このホテルのゴムリングをはめて旅をしている。

この宿を後にし、僕はホイアン行きの黄色いバス停を目指す。

 

バスでぼったくられる

このバスは公共機関が運営しているバスで2万ドン(約100円)でホイアンとダナン空港を結ぶBRTバスだ。

ベトナムのバスは人だけでなく、モノも運びます。日本でいう「宅配便」ですね。

あ、黒いバックパックは僕のですけどね笑

 

あらかじめ調べて行った僕は切符を切るオヤジに2万ドンを提示したら、危うくバックを外に投げられそうになった。

 

要は降りろ、ということだ。

あまりに強情だったので、5万ドン(約250円)をきっちり支払い、無事にホイアンまで運んでくれることに。
降りる場所を教えてくれたりして、いい人ではあるんだけれど。

 

このオヤジである。足を怪我していたらしく、「痛いよー」みたいな顔をしながら、こっちを見て治療をしていた。
安く行こうとした僕が悪いのか、ちょっとだけ考えさせられる出来事でした。

 

タンファンホームステイへ

その後、僕はホイアンの宿まで歩いていきます。
「マップミー」を用いてもなかなか見当たらないので、人に聞いたりして無事にたどり着いた。

今回泊まる宿、「タンファンホームステイ」へ入ってみると、民宿のような感じで受付には誰もいない。

しばらく待ってみると、一人の女性が来て現金を支払いチェックイン完了。

 

この宿は4人一部屋で2段ベッドがない。

至る所にwifiパスワードが展示してあるので、これならバカでも聞かなくて済む。

時間を持て余していたので、ちょっとホイアン市街まで歩いてみた。

 

世界遺産「ホイアンの街並み」

事前に調べた情報では入場料が必要とのことだったが、

特定の施設や建物内部(特に日本橋を渡る等)へ入らなければ12万ドン(約600円)の支払いは必要ない。

僕にとって12万ドンの支払いは大きかった。

ベトナムでは4回飯が食えるからだ。

飲料水も買ったりすると、12万ドンなんてあっという間だ。

 

ちなみに昼のホイアンはこんな感じです。

笠を被った素敵な女性が自転車ではホイアンの橋を渡る様子です。

 

 

夜になるにつれてライトアップされていくホイアンの街。
これが有名な世界遺産都市かと感慨深げにしていたら、ふとある言葉を思い出した。

 

「観光」とは光を見にいくこと。
輝いているところに人は集まる。
僕も光に導かれて、ここへ来たのかなぁと思った。

 

旅のオススメ

楽天トラベルなら、最安値で比較・検索・予約できます!!!


 

韓国化粧品は、日本の化粧品に比べ、価格が安く設定されているものが多く、斬新なアイテムが多いです。

話題の韓国化粧品大集合【スタイルコリアン】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ベトナム, 世界一周関係
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

僕がカンボジアビザを手に入れるまで

    コンテンツ1 いざ、カンボジア2 お金でビザを買う3 入国審査4 旅のおすすめサイト いざ、カンボジア   ベトナムはビザ無しで滞在できる期間が15日なので、そろ …

ベトナムを北から南へ鉄道で縦断してみた。

  どうも。 旅するようにゆるりと生きる、旅人けーたです。   日本にいた頃は、あまり鉄道なんかに興味はなかったんですが、 海外へ行くと無性に乗りたくなるのは、なぜなんでしょうね? …

【最新】 超簡単にカンボジアビザを手に入れる方法

  コンテンツ1 はじめに2 ドル紙幣を現地空港のATMから引き出す3 ビザ申請書を記入する4 ビザ受付カウンターへ提出 はじめに このページは、 これからカンボジアへ出国する予定の方に少し …

ブッダガヤでの食生活

  いったいいつまで僕はこのブッダガヤに滞在するのだろうか。 世界一甘いお菓子を食べていても、答えは出てこない。 そんなことを考えている余裕もないくらい、この町にいる時間は毎日があっと言うう …

ワットプラケオとカオサンロード

    まずは、カオサンロードを目指す!   名残り惜しいタイラーメンの香りを後にし、いよいよバックパッカーの聖地であるカオサンロードを目指す。   はじめに言 …

Follow Us

Myprofile


五十嵐慶太
1985年1月22日生まれ
2017年1月25日より世界一周へ。
旅をしながら家族の大切さを問いかける。
プロフィール詳細は自己紹介のページをご覧ください。
連絡先はこちらまで↓
greenfamily0122@gmail.com
ブログランキング参加中!!!

にほんブログ村